ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

フィリピン国際旅行フェア「TME2017」に初出展

 県では、「飛騨・美濃じまん海外戦略プロジェクト」の一環として、海外から本県を訪れる訪日旅行の促進に取り組んでいます。今回、フィリピンから日本への旅行者数が2016年に過去最高の34万人(前年比+29.6%)を記録し、今後、更なる訪日旅行者の増加が見込めるフィリピンにおいて継続的な観光PRを行うため、フィリピン最大級の国際旅行フェア「TravelMadnessExpo(TME)2017」に岐阜県として初めて出展しますので、お知らせします。

 

1概要

◇開催期間:平成29年7月6日(木)から9日(日)9:00から20:00まで

◇開催場所:TheSMXConventionCenter(フィリピン・マニラ首都圏パサイ)

◇来場者数:約3万4千人(前年実績)

◇特徴:フィリピンの旅行会社及び海外の観光関係団体等が出展するフィリピン最大級の国際旅行フェア。フィリピン国内の一般消費者に対し、各旅行会社が自社の旅行商品を実際に売り込む場として活用。また、旅行を計画している多くの一般消費者が訪れ、情報収集を行う場となっている。

 

2出展形態

・日本の出展団体が一堂に集まり、日本の魅力を総合的に発信する「JAPANパビリオン」にJR東海と連携し、共同ブースを出展。

 (※岐阜県によるTME出展は、今回が初めてとなります。

 ・フィリピンにおいては、個人旅行者(FIT)の割合が約9割と訪日旅行者全体のFIT割合(約7割)よりも高く、今後も増加が見込まれるため、一般消費者への直接的なアプローチも重要である。そこで、訪日する多くのFITが利用する、各種鉄道パスを販売しているJR東海と連携して岐阜県をPRすることにより、相乗効果を図る。

 ・岐阜県は、フィリピンにおいてはH27年度から国際旅行博TTE(TravelTourExpo)に2年連続で出展してきたが、今回新たにTMEにも出展。更なる認知度拡大及び当県への誘客を図る。

 (参考)日本からの出展者数(予定):13団体(北海道、沖縄県、和歌山県、鳥取県、JR西日本、ドン・キホーテなど)

 

発表資料 報道発表資料(PDF:154KB)

    問い合わせ先

    所属 海外戦略推進課アジア誘客係
    電話

    直通:058-272-8360
    内線:2355

    FAX 058-278-2674
    メール c11336@pref.gifu.lg.jp