ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

国際見本市「ミラノ・サローネ」岐阜県ギャラリーでレセプションを盛大に開催しました!

 県では、スイスの著名デザイナー兼建築家であるパトリック・レイモン氏が代表を務めるアトリエ・オイ社と連携し、地場産品の新商品開発、国際見本市への出展を進めております。
現在、4月4日(火)〜9日(日)にかけて開催中の世界最大規模の国際見本市「ミラノ・サローネ」に、昨年に引き続き出展し、「CASA(カーサ)GIFU(ギフ)II(ツー)」(CASAGIFUは「岐阜の家」という意味)と題して、関の刃物をメインとした県産品の展示・PRを行っております。
この度、本展示会のスタートにあたり、更なる地場産品の販路拡大と岐阜ブランドのイメージアップを図るため、下記のとおりバイヤーやデザイナーなど業界のVIPを集めたオープニング・レセプション(GIFUNIGHT)を開催しましたので、お知らせします。

 

オープニング・レセプション「GIFUNIGHT」概要

【日時】平成29年4月4日(火)18:00〜21:00(現地時間)

【会場】CASAGIFUII会場内

【参加者数】約400名

【主な参加者】海外のメディア、バイヤー、デザイナー等

 

発表資料 報道発表資料(PDF:808KB)

    問い合わせ先

    所属 海外戦略推進課海外展開係
    電話

    直通:058-272-8090
    内線:3118

    FAX 058-278-2674
    メール c11336@pref.gifu.lg.jp