ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

各務原市川島竹早町地内におけるヒ素の検出について

 

 本日(5月22日)、エーザイ株式会社から岐阜地域環境室に、土壌汚染対策法(以下「法」という。)に規定する土壌溶出量基準を超えるヒ素が検出されたと報告がありましたのでお知らせします。

 なお、この調査は、法に基づく土地の形質変更の届出に対する県の調査命令により、エーザイ株式会社が実施したものです。

 

1.調査対象土地の概要

(1)所在地:各務原市川島竹早町1の一部(エーザイ株式会社川島工場の敷地内)

(2)面積:工場の敷地約42万平方メートルのうち24,800平方メートル

(3)現況:過去に工場建屋がありましたが、現在は更地になっています。

 

2.調査の概要

(1)土壌調査結果

項目

調査

検体数

基準超過

検体数

調査結果

土壌溶出量

基準

最大基準

超過倍率

ヒ素

57

0.005mg/L未満

〜0.028mg/L

0.01mg/L

以下

2.8倍

・その他の項目についても調査を実施していますが、基準超過はありません。

 

(2)地下水調査

工場敷地内の井戸4本で地下水調査を実施しましたが、すべての井戸でヒ素は検出されませんでした。

 

3.汚染の原因

現時点では不明です。

 

4.今後の対策

(1)地下水調査について

「岐阜県地下水の適正管理及び汚染対策に関する要綱」に基づき、各務原市の協力を得て、土壌汚染が判明した土地から地下水流向下流の半径250mの範囲内において、井戸水の利用状況調査及び水質検査を実施します。

 

(2)地域住民への周知について

周辺地域は上水道が普及していますが、井戸水を飲用している場合は、結果が判明するまでの間、飲用の自粛を呼びかけます。

 

(3)事業者に対する指導について

土壌汚染が判明した土地を法に基づく区域に指定するとともに、汚染土壌の適正な管理等を行うよう指導します。

 

発表資料 報道発表資料(PDF:174KB)

 

    問い合わせ先

    所属 岐阜地域環境室環境保全係
    電話

    直通:058−272−1920
    内線:3241