ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

障がい児医療・福祉を理解する公開連続講座(第1回)を開講します

 県と岐阜大学障がい児者医療学寄附講座との共催により、障がい児に対する医療についての理解を促進するとともに、医療と福祉が相互に理解を深めることを目的とした公開連続講座の第1回を、下記のとおり開講しますのでお知らせします。

 本講座は5月21日から毎月1回、計11回開催するものですが、各回とも当初予定定員を大幅に上回る約280名の受講登録があったため、会場を急きょ変更しました。

概要

開催日時 平成26年5月21日(水)19時から21時
会場 ふれあい福寿会館3階大会議室
受講登録者数 約300名※全11回の受講申込者数
受講者

約200名

受講者内訳

福祉従事者82名(ソーシャルワーカー48、ケアワーカー10、保育士13など)、

医療従事者79名(医師・歯科医師6、看護師49、理学・作業療法士11など)、

一般(教員、障がい児の親など)

講義内容 「肢体不自由児の病態と医療」
講師 岐阜県立希望が丘学園園長徳山剛(とくやまつよし)氏
発表資料 記者発表資料(PDF:222.5kb)
関連リンク http://www.pref.gifu.lg.jp/kensei-unei/kocho-koho/event-calendar/bosyu/chiiki-iryo/renzoku.html

 

 

 

問い合わせ先

所属 地域医療推進課障がい児者医療推進室
電話 直通:058-272-8279
内線:2628