ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

障がい児者在宅ケア専門技術研修「呼吸介助手技実技講習会」を開講します

重症心身障がい児者の多くが呼吸器障害を患っており、呼吸器ケアはその看護において必須と言えることから、県では換気改善、排痰を目的として行われる呼吸器介助手技の基本技法の看護師向け実技講習会を下記のとおり開催します。

この研修は、昨年度実施した重症心身障がい児者看護人材育成研修の受講生から高い評価を受けるとともに、より実践的な内容を学びたいとの要望を受けたことを踏まえて開催するものです。

都道府県が重症心身障がい児者看護人材の育成について実技を伴う専門的な講習会を開催するのは珍しく、先駆的な講習会です。

 

概要

開催日  平成27年5月30日(土)~5月31日(日)
会場  平成医療短期大学(〒501‐1131岐阜市黒野180)B館1F機能訓練実習室
講師  西脇雅(訪問看護ステーションやすらぎ)

日本肺理学療法公認呼吸介助手技インストラクター

受講者数

 看護師36名

(地域別内訳)

 岐阜地域22名、西濃地域3名、中濃地域3名、東濃地域5名、飛騨地域3名

(所属別内訳)  病院8名、障がい福祉施設5名、福祉施設・事業所等4名、特別支援学校3名、訪問看護ステーション16名
その他

今回の研修を受講された方のうち更にスキルアップされたい方は8月に開催予定の呼吸介助手技実技講習会(岐阜県内部障害リハビリテーション研究会主催)を受講することができます。

発表資料

 記者発表資料(PDF:299.7kb)

添付資料  障がい児者在宅ケア専門技術研修「呼吸介助手技実技講習会」参加者募集

 

 

問い合わせ先/申し込み先

 

 

所属 地域医療推進課障がい児者医療推進室
電話 直通:058‐272‐8279
内線:2627
FAX 058-278-2871