ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

重症心身障がい児者看護人材育成研修を実施します

近年、継続的な医療的ケアを必要とする重症心身障がい児者が増加する一方で、そのケアの現場で重要な役割を担う看護師は慢性的に不足しています。

県では、重症心身障がい児者のケアに関して、必要な医療技術に加え、本人や家族に対する心理的なケアまで含めた専門的知識・技術等を持った看護師の育成を進めるため、平成26年度に初めて本研修を実施したところ、定員を大幅に上回る申し込みがあったほか、受講生からも非常に高い評価を受けました。

今年度は、現場実習の実施施設を拡大するほか、関係者との連携のためのコミュニケーション能力を高める研修を追加するなど、研修プログラムを強化して下記のとおり実施することとし、現在、受講生を募集しております。

 

研修の概要

日程 平成27年5月26日(火)から平成28年2月18日(木)まで(予定)
(全13日、のべ78時間。うち、9日間の講義と4日間の施設等における実習を予定)
時間9:30から16:30(最終日のみ9:00から17:00)
受講対象 看護実務経験5年以上を有し、重症心身障がい児者の看護・訪問看護に関心のある県内で就業中または就業希望の看護師、職場復帰を考えている潜在看護師
会場 ふれあい福寿会館(岐阜市薮田南5-14-53)
※施設実習は重症心身障がい児のケアを行っている病院や診療所のほか、訪問看護ステーションや特別支援学校等で実施予定
定員 30名(申し込み多数の場合は県看護協会での選考により受講者を決定します)
内容 平成27年度重症心身障がい児者看護人材育成研修プログラム」のとおり
募集締切 平成27年4月17日(金)
参加料 無料
応募方法 申込書に必要事項を記入し、公益社団法人岐阜県看護協会宛てに郵送またはFAXで送付
発表資料 記者発表資料(PDF:257kb)
添付資料 募集チラシ(PDF:288kb)
申込書(PDF:98kb)
研修プログラム(PDF:180kb)
関連リンク "外部サイト"公益社団法人岐阜県看護協会

 

今年度のプログラムで強化したポイント

講義内容をさらに充実!

 

・重症心身障がい児者の支援に必要な、医療・福祉・教育など職種の垣根を越えた調整能力を高めるため、関係者間のコミュニケーション技術を学ぶプログラムを新たに追加。

・関係機関との連携について、県外から講師を招き、先進地の実例を学ぶプログラムを新たに追加。

 

現場実習の実施施設を拡大!

 

より重症心身障がい児者の日常的な生活の状況を理解できるよう、総合病院や特別支援学校での現場実習に加え、小児の在宅医療支援を実施している小規模な診療所や福祉施設でも実習を実施。

 

申し込み先/研修内容に関する問い合わせ先

公益社団法人岐阜県看護協会事業振興課
電話 058ー277ー1008(担当:神谷・山田)
FAX 058ー275ー5300
所在地 岐阜市薮田南5ー14ー53ふれあい福寿会館5階

 

 

事業に関する問い合わせ先

 

 

事業に関するお問い合わせ先
所属 地域医療推進課障がい児者医療推進室
電話 直通:058ー272ー8279
内線:2628