ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

「ぎふ職親プロジェクト」設立の会を開催

 児童養護施設(※1)等を退所し就職した児童の離職率は高く、居住場所を失うなど不安定な生活を余儀なくされる児童が多くいます。

 このため、県では、退所した児童に対する支援として、「安心して働くことができる場所」と「安全な住居」の提供等、必要な支援をしていただける企業、団体等によるネットワークである「ぎふ職親プロジェクト」(※2)発足の準備を進めています。

 この度、当プロジェクトに加盟いただけた職親企業(※3)及び職親サポーター(※4)を対象とし、下記のとおり「ぎふ職親プロジェクト」設立の会を開催します。

 

(※1)児童養護施設

 被虐待児童、保護者のいない児童やその他環境上養護を要する児童を入所させて、原則として18歳に至るまで養護し、相談

 その他自立のための援助を目的とする施設。県内では10施設が運営。

 

(※2)「ぎふ職親プロジェクト」

 児童養護施設、ファミリーホーム、里親又は自立援助ホーム等を退所又は退出した児童の継続的な就業による生活の自立支援

 を行う、企業・団体によるネットワーク。

 

(※3)職親企業

 児童を住み込み型等で雇用し、就業・生活の社会的自立支援を一貫して行う。

 

(※4)職親サポーター

 児童等の就業継続にかかる居住場所の確保や、就業・生活の安定化を図る支援を行う。

 

概要

開催日 平成31年2月28日(木)
開催時間 13:30〜14:30
開催場所 名称 不二羽島文化センター201会議室
所在地 羽島市竹鼻町丸の内6丁目7番地
内容

・「ぎふ職親プロジェクト」の設立について

・今後の連携について

・その他

報道発表資料

発表資料 報道発表資料(PDF:167KB)

      問い合わせ先

      所属 子ども家庭課児童養護係
      電話 直通:058-272-8325
      内線:2679