ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

児童養護施設入所児童等への就職支援として、自立支援プログラム研修会(第2回)を開催

 近年、児童養護施設(※注1)に入所していた方の離職率の高さが問題となっていることから、県では、岐阜県児童養護施設等サポーター企業(※注2)の協力による児童のインターンシップ実施など、社会自立に向けた支援の取組みを行っています。

 こうした取組みの一環として、就職や進学を控える児童養護施設に入所中の高校生等を対象とした「自立支援プログラム研修会」の実施を今年度は4回計画しており、このたび第2回を下記のとおり開催します。

 

 

 

(※1)児童養護施設

被虐待児童、保護者のいない児童やその他環境上養護を要する児童を入所させて、原則として18歳に至るまで養護し、相談その他自立のための援助を目的とする施設。県内には10施設が運営中。

 

(※2)岐阜県児童養護施設等サポーター

県内児童養護施設等との交流や入所児童の自立支援等への協力を目的に、県内企業や団体等の申請に基づき岐阜県が登録するサポーター企業等のこと。平成30年7月12日現在、87事業者が登録され、入所児童への各種支援をいただいております。

 

研修概要

開催日 平成30年10月21日(日)
開催時間 13:00〜15:00
開催場所 名称 羽島市福祉ふれあい会館2階コミュニケーションルーム
所在地 羽島市福寿町浅平3丁目25
研修内容

・生活困窮者支援に携わってきた方のお話

ぎふNPOセンターの有田(ありた)朗(あきら)氏を講師に招き、退所後、生活困窮に陥った時の相談窓口と支援内容等を講義

 

・先輩と語る会

児童養護施設等を退所した方を講師に招き、社会での自立に当たって困られたこと、施設入所時に準備すべきこと等を講義

報道発表資料

発表資料 報道発表資料(PDF:197KB)

      問い合わせ先

      所属 子ども家庭課児童養護係
      電話 直通:058-272-8325
      内線:2679