ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

平成30年岐阜県輸出関係調査結果(平成29年実績)


概況

◎輸出額は6280億円で、前回調査時に比べ449億円増(前回比7.7%)となった。

◎事業所数は365事業所で、前回調査時に比べ10事業所増(前回比2.8%)となった。

◎産業別にみると、輸送用機械器具製造業の輸出額が2077億円(構成比33.1%)と最も多く、次いで生産用機械器具製造業が1257億円(同20.0%)の順となり、前回調査時に比べ、輸送用機械器具製造業が207億円増(前回比11.1%)、生産用機械器具製造業が27億円増(同2.2%)となった。

◎輸出先別では、アジアが3033億円(構成比48.3%)と最も多く、前回調査時に比べ183億円増(前回比6.4%)となった。

◎圏域別では、西濃圏域が1995億円(構成比31.8%)と最も多く、次いで中濃圏域が1966億円(同31.3%)の順となり、前回調査時に比べ、西濃圏域は66億円増(前回比3.4%)、中濃圏域が43億円増(同2.2%)となった。

 

記者発表資料(PDF:467KB)

※詳細はこちらをご覧ください。

岐阜県輸出関係調査結果(平成29年実績のページ)