ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

多治見市前畑町地内における土壌汚染

本日(12月20日)、地方独立行政法人岐阜県立多治見病院(以下「県立多治見病院」という)から東濃県事務所へ、県立多治見病院の立体駐車場建設予定地から、土壌汚染対策法に規定される土壌溶出量基準及び土壌含有量基準を超えるヒ素が検出されたことについて、「岐阜県地下水の適正管理及び汚染対策に関する要綱」(以下「地下水要綱」という。)に基づく報告がありましたのでお知らせします。

なお、この土壌調査は、県立多治見病院が工事に伴い自主的に実施したものです。

 

1報告内容

(1)調査箇所

所在地:多治見市前畑町5丁目地内

調査対象面積:約6,400平方メートル

現況:院内保育所、職員用駐車場、患者用駐車場

 

(2)土壌調査結果

項目(ヒ素) 調査地点数 基準超過地点数 調査結果 指定基準値 最大基準超過倍率
土壌溶出量 66 44 0.005mg/L未満から0.23mg/L 0.01mg/L以下 23倍
土壌含有量 66 4 2mg/kg未満から240mg/kg 150mg/kg以下 1.6倍

 

2汚染の原因

当該土地ではヒ素の使用履歴はなく、現時点では不明です。

 

3今後の対応

(1)地下水調査について

地下水要綱に基づき、多治見市の協力を得て、基準超過が確認された土地から地下水流向下流側の半径250mの範囲内について、井戸水の利用状況調査及び水質検査を直ちに実施します。

 

(2)地域住民への周知について

周辺地域は上水道が普及していますが、井戸水を飲用している場合は、結果が判明するまでの間、飲用の自粛を呼びかけます。

 

(3)県立多治見病院に対する指導について

県立多治見病院に対し、土壌汚染対策法に基づき、汚染土壌の適正な管理等を行うよう指導します。

発表資料 報道発表資料(PDF:187KB)
備考

    問い合わせ先

    所属 東濃県事務所環境課
    電話

    直通:0572-23-1111
    内線:212

    FAX 0572-25-0079

    メール

    c20507@pref.gifu.lg.jp