ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

瑞浪市日吉町地内におけるヒ素及びふっ素の検出について

 本日(3月26日)、東海旅客鉄道株式会社(以下「JR東海」という。)から東濃県事務所に、リニア中央新幹線日吉トンネルの斜坑掘削工事に伴い発生した土壌を調査したところ、瑞浪市日吉町地内において、土壌汚染対策法に規定する土壌溶出量基準を超える「ヒ素」及び「ふっ素」が検出されたとの報告がありました。

 このため、県では「岐阜県地下水の適正管理及び汚染対策に関する要綱」に基づき、周辺の井戸水の調査を実施しますのでお知らせします。

 

 

1JR東海からの報告内容

(1)調査地点

 所在地:瑞浪市日吉町地内(南垣外斜坑内)の1箇所

 

(2)土壌溶出量調査結果

項目 調査件対数 基準超過件対数 調査結果 土壌溶出量基準 基準超過倍率
ヒ素

1

1 0.039mg/L 0.01mg/L以下 3.9倍
ふっ素 1 1 0.81mg/L 0.8mg/L以下 1.01倍

・非常口ヤード斜坑開口部から45mの地点。

・その他の項目についても調査を実施していますが、基準超過はありません。

 

2汚染の原因

 自然由来による汚染の可能性が高いと考えられますが、現時点では不明です。

 なお、周辺地域には、今回超過した有害物質を原料に使用する工場・事業場はありません。

 

3今後の対応

(1)地下水調査等について

 斜坑に隣接する南垣内非常口ヤード内で実施したボーリング調査では、基準値を超えるヒ素、ふっ素及びほう素が検出(平成29年1月31日公表)されており、今後も工事の延伸に伴いこれら重金属類が基準値を超えて検出されるおそれがあるため、県は、瑞浪市の協力を得て、斜坑全線(延長390m)から半径250mの範囲内で井戸水の利用状況調査及び水質検査を実施します。

 なお、南垣外非常口ヤードから半径250mの範囲内の井戸については、平成29年1月31日に既に調査を実施しており、今回の調査範囲からは除くこととします。

(2)地域住民への情報提供について

周辺地域は上水道が普及していますが、井戸水を利用している場合は、水質検査結果が判明するまでの間、飲用自粛を呼びかけます。

発表資料 報道発表資料(pdf:208KB)
備考

    問い合わせ先

    所属 東濃県事務所環境課
    電話 代表:0572-23-1111(内線212)
    FAX 0572-25-0079
    メール c20507@pref.gifu.lg.jp