ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

「ツキノワグマ被害防止捕獲リーダー研修会」及び「飛騨地域ツキノワグマ緊急対策会議」の開催について

 今年度のクマによる人身被害は9月末までに10件11人となり、過去10年で最多の発生となっております。

 また、今年はクマの餌となるドングリが凶作である見込みのため、クマの出没が増加することが予測されます。

 そのため県では飛騨地域のクマ捕獲従事者を対象とした「ツキノワグマ被害防止捕獲リーダー研修会」及び県、市村並びに警察署などの関係者による「飛騨地域ツキノワグマ緊急対策会議」を開催します。

 

発表資料

報道発表資料(PDF:192KB)

    問い合わせ先

    所属 環境企画課生物多様性係
    電話

    直通:058-272-8231
    内線:2700

    FAX 058-278-2610

    メール

    c11265@pref.gifu.lg.jp