ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

「災害時における行政・NPO・ボランティア等との連携・協働に向けた研修会」を開催

 平成30年7月豪雨により、県では関市をはじめとした各地で中小河川が氾濫し、甚大な被害が発生。県内外から約7,000人のボランティアの方々による支援が展開されました。

 災害発生時に、被災者支援を円滑に実施するためには、行政とNPO・ボランティアをはじめとした、被災者支援活動にかかわる多様な主体の連携体制を構築・強化することが求められています。

 このたび県では、行政とNPO・ボランティア等との連携体制を構築していくために検討すべき事項・留意点について、参加者が理解を深め、効果的な連携体制の構築に資することを目的に、内閣府(防災担当)との共催による研修会を下記のとおり開催します。

 

研修会概要

開催日 平成30年11月30日(金)
開催時間 10時00分から16時00分
開催場所 名称 岐阜県庁2階大会議室
所在地 岐阜市薮田南2丁目1番1号
参加料 無料
定員 100名
対象

県及び市町村職員、社会福祉協議会職員、地域づくりや災害ボランティア活動に取り組むNPOなど

主催 内閣府(防災担当)
共催 岐阜県

報道発表資料

発表資料 報道発表資料(PDF:193KB)

      問い合わせ先

      所属 地域福祉課災害ボランティア担当
      電話 電話:058-272-1111(代表)
      内線:2622
      FAX 058-278-2651
      メールアドレス c11219@pref.gifu.lg.jp