ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

「民生委員・児童委員の日」啓発活動を行います!

 毎年5月12日は「民生委員・児童委員の日」です。これに合わせて5月12日から18日までの1週間を活動強化週間とし、地域住民の方々に民生委員・児童委員の活動を理解していただくための啓発活動等を行っています。今年も『支えあう住みよい社会地域から』のスローガンのもと、別紙のとおり県内各地で活動を実施します。

 

【「民生委員・児童委員」とは】

 民生委員・児童委員は、県知事の推薦によって厚生労働大臣から委嘱され、地域住民の立場に立って活動している福祉の担い手です。

 地域住民の一人として、地域を見守り、生活上の心配ごとなどさまざまな相談に応じます。

 また、相談内容に応じて必要な支援機関等への「つなぎ役」としても活動しています。

 県内では現在4,478名(平成30年4月1日現在)の方々が、活動を行っており、昨年度は94,067件の相談に応じました。

 

【「民生委員・児童委員の日」とは】

 全国民生委員児童委員協議会(現連合会)は、昭和52年(1977年)に5月12日を「民生委員・児童委員の日」とすることを定めました。

 これは、民生委員制度の源である済世(さいせい)顧問(こもん)制度設置規程(注※)が5月12日に公布されたことに由来するものです。

 あわせて12日からの1週間を活動強化週間と位置づけました。

 

平成30年度の各市町村の取組予定については、添付資料をご覧ください。

また、民生委員制度関連情報については、全国民生委員児童委員連合会HP(外部サイト)をご覧ください。

なお、取材等については、民生委員児童委員協議会(058‐273‐1111内線:2525担当:広瀬)までご連絡ください。

 

(注※)防貧活動を使命とする「済世(さいせい)顧問(こもん)」を設置し、生活困窮者の生活を正常な社会生活を営み得る水準にまで復元させるた

 めに、大正6年(1917年)に岡山県で創設された制度。

 

 

報道発表資料

報道発表資料(PDF:162KB)

添付資料

市町村別対象事業一覧表(PDF:234KB)

 

    問い合わせ先

    所属 地域福祉課地域福祉・人材係
    電話

    直通:058-272-8261
    内線:2645

    FAX 058-278-2651
    メール c11219@pref.gifu.lg.jp