ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

岐阜県の鉄道対策について

 自動車に過度に依存した「くるま社会」は、交通事故、交通渋滞、環境悪化、中心市街地の衰退などの諸問題を増加させました。
県民の移動手段の確保、特に高齢者や学生等のため、「公共交通機関」を維持、確保、活性化する必要があります。そのために、住民、交通事業者、市町村等地域が一体となって取り組むことが重要となってきています。
県は必要な情報提供、助言を行い、効果的、効率的な取り組みを誘導しながら、支援を行います。

 

県の施策

ローカル鉄道に対する取り組み

岐阜県内には、樽見鉄道、明知鉄道、長良川鉄道、養老鉄道のローカル鉄道があります。

 各鉄道会社への支援策について説明しています。

 

大手鉄道事業者に対する取り組み

県では大手鉄道事業者(JR東海・名鉄)に対し、県内の市町村及び関係団体からの要望を取りまとめ、要望活動を行っています。

 

各社のご案内

ローカル鉄道

大手鉄道事業者