ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

土地区画整理事業

概要

土地区画整理事業とは、都市計画で定められた土地利用計画を計画的に誘導し、秩序ある市街地を形成するため、道路、公園、下水道等の公共施設の整備と合わせて良好な住環境を整備するために、面的な広がりをもった区域で総合的、一体的に行われる事業です。

 

土地区画整理事業の仕組み

面的整備の行われていない市街地を、快適な生活環境につくり替えるために、地権者から少しずつ土地を提供してもらい(減歩)、それらの土地を集めて、道路・公園等の公共施設用地に充当します。整理後の土地は、整理前の宅地の位置、面積、環境、利用状況に応じて整形な宅地として換地されます。この際、地上権、借地権はそのまま換地に移行します。事業者は、保留地を売却した資金、国庫補助金、地方公共団体助成金、公共施設管理者負担金等の資金によりまかなわれます。

 

区画整理事業