ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

■八山系総合整備計画

八山系総合整備計画とは

 岐阜県では、平成17年度に実施した政策総点検を受け、今後の土砂災害対策の整備プログラムを定めた「八山系砂防総合整備計画」を平成20年3月に策定し、ソフト対策とハード対策を連携させた土砂災害対策を推進しています。

 土砂災害は、地質・地形や人家の分布等土地利用状況など地域ごとに、被害状況が大きく左右されることから、県内の地形条件や地域条件及び行政区域の境界等を参考に県内を8つの山系に分類した整備計画を策定しました。

【岐阜県山系概要図】

概要図

 

◆計画策定の背景や概要が知りたい

 八山系砂防総合整備計画の策定の背景や詳細情報は、下記より確認することができます。

 ○八山系砂防総合整備計画とは

 

◆山系ごとの具体的な計画が知りたい

 山系ごとの具体的な計画については、下記より確認することができます。

 確認したい山系を選択してください。

≪山系別整備計画≫

美濃山系 養老山系 揖斐山系

奥美濃山系

可茂山系 東濃山系 南飛騨山系 ○飛騨山系

 

八山系砂防総合計画フォローアップ委員会

 有識者からの意見を伺って、八山系砂防総合計画の熟度を上げています。

委員名簿(平成24年3月21日現在)(pdf:38kb)

第1回議事概要(平成21年2月27日)(pdf:163kb)

第2回議事概要(平成22年2月12日)(pdf:171kb)

第3回議事概要(平成23年2月18日)(pdf:181kb)

第4回議事概要(平成24年2月20日)(pdf:181kb)