ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

「水防災意識社会再構築ビジョン」に基づく取組み

 平成27年9月に発生した関東・東北豪雨により大規模な浸水被害が発生したことを踏まえ、施設では守りきれない大洪水は発生するとの考えに立ち、社会全体で洪水に備えるため、水防災意識社会を再構築するための取組みを推進します。

 県下を5ブロックに分け、各流域に「水防災協議会」を設立し、水害に対する現状の取組状況の共有を行うとともに、平成32年度までに円滑な避難、的確な水防活動等を実現できるよう、県、市町村が取組む事項を検討し、取組方針を作成しました。

 

 

各流域の「水防災意識社会再構築ビジョンの基づく取組み」

○はじめに

 岐阜県の「水防災意識社会再構築ビジョン」に基づく取組みについて(PDF)

 

○各流域の取組方針

 長良川流域水防災意識社会再構築ビジョンに基づく取組み(PDF)  長良川流域、九頭竜川流域
 揖斐川流域水防災意識社会再構築ビジョンに基づく取組み(PDF)  揖斐川流域
 木曽・飛騨川流域水防災意識社会再構築ビジョンに基づく取組み(PDF)  木曽川流域、飛騨川流域
 土岐川流域水防災意識社会再構築ビジョンに基づく取組み(PDF)  土岐川流域、矢作川流域
 宮川・庄川流域水防災意識社会再構築ビジョンに基づく取組み(PDF)  宮川流域、庄川流域