ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

浸水想定区域図を表示

はじめに 浸水想定区域図とは? 浸水想定区域図ができるまで お問い合せ
浸水想定区域図を表示
ご利用にあたっての注意・制限事項
  • このページから表示する浸水想定区域は、公表時点での各河川の整備状況等を勘案して、河川整備の計画の基本となる大雨が降ったことにより、その河川が氾濫した場合に想定される浸水の状況を、シミュレーションにより求めたものです。
  • このページから表示する浸水想定区域図は、シミュレーションによるものであり、次のような事柄については考慮していないため、浸水想定区域として表示されていない区域で洪水が発生する場合、あるいは想定水深が実際の浸水深と異なる場合があります。
    1. 支川の氾濫
    2. 計画を上回る降雨
    3. 内水による氾濫等
    4. 土石流の発生
    5. 流木による河道埋塞
    6. これらに起因する被害の拡大等
  • シミュレーションに使用した地盤の高さは、主に50m四方の格子(計算メッシュ)内の平均値等を使用していますので、微地形による影響が表せていない場合があります。
  • 浸水想定区域や等深線は、氾濫計算結果から計算メッシュ毎の想定浸水位を算出し、隣接する計算メッシュとの連続性や地形図上の地形、連続盛土構造物(道路、鉄道、支川堤防など)を考慮して図化しています。(一部例外の河川もあります。)

 

  • 浸水想定区域図と同時に表示される土砂災害警戒区域に関するお問合せおよび詳細な情報は、最寄りの土木事務所あるいは県庁砂防課にお願いします。

 

上記の注意・制限事項についてご確認の上、同意いただける場合は、ボタンを押してください。

上記の注意・制限事項を確認し、同意する