ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

国道156号土砂崩落に伴う東海北陸自動車道の代替路措置

 大雨による土砂崩落のため、平成30年7月8日から、国道156号(高山市荘川町岩瀬地先から大野郡白川村牧地先まで)が通行止めとなっています。現在、復旧に向け全力で取り組んでおりますが、復旧には、なお相当の期間がかかる見込みです。高山市荘川町から白川村への交通確保のため、並行する東海北陸自動車道の飛騨清見ICから白川郷IC間において国道156号の代替路(無料)措置を実施します。国道158号と東海北陸自動車道代替路を乗り継げば、高山市荘川町と白川村間の交通が可能です。その迂回経路は、別紙1のとおりです。

 

 

※代替路(無料)措置別紙1について、通行止め箇所の時点修正を行いました。(平成30年7月13日12:00現時点)

 

 

発表資料 報道発表資料(PDF:58KB)
添付資料

代替路(無料)措置別紙1(PDF:194KB)

代替路(無料)措置別紙2(PDF:79KB)

 

関連リンク 中日本高速道路株式会社(外部サイト)
備考

※項目名は、内容に合わせて適宜変更する。
※必要に応じて、項目を追加、削除する。

 

    問い合わせ先

    所属 道路維持課維持管理係
    電話

    直通:058-272-8535
    内線:3736

    FAX 058-271-7682
    メール c11657@pref.gifu.lg.jp