ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

基本方針

基本的な考え方

 21世紀を展望した中・長期的な視点に立ち、「岐阜県長期構想」(平成21~30年度)で掲げる「希望と誇りの持てるふるさと岐阜県」の実現に向けて、科学技術的な側面からの指針として「岐阜県科学技術振興方針」を平成24年に策定(平成26年一部改定)しました。
この中で「県民生活の向上に貢献する科学技術の振興」を基本目標とし、その目標を達成するために以下の3つの「基本方向」と「5つの推進方針」を定め、県民や産業界のニーズに応える研究開発、質の高い技術支援、優れた研究人材の育成・確保等の各種施策を展開します。

【基本目標】
県民生活の向上に貢献する科学技術の振興

【基本方向】
(1)次世代産業の育成と地域産業の活性化(モノづくり)

(2)活力とゆとりのある質の高い県民生活の実現(地域づくり)

(3)科学技術の担い手の育成(人づくり)

【5つの推進方針】

(1)県民・県内企業・生産者等のニーズに応える研究開発の推進

(2)県の将来を見据えた科学技術イノベーションの推進

(3)質の高い技術支援

(4)科学技術のネットワークづくり(産学官連携の推進)

(5)優れた人材の育成・確保

 試験研究機関所管各部(商工労働部、農政部並びに林政部)は、各部の基本計画等も踏まえながら、本方針の基本方向、5つの推進方針に沿って、個別に研究推進方針を策定します。
さらに、研究開発の施策を担う各試験研究機関は、各部の研究推進方針を踏まえて、研究開発・技術支援業務等における研究推進計画を策定し、これを積極的に展開することで、基本目標の達成を目指します。

 岐阜県科学技術振興方針等