ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

岐阜県緑の青年就業準備給付金

岐阜県緑の青年就業準備給付金について

1緑の青年就業準備給付金について

 将来、林業分野への就業を目指す方が、研修機関等(※1)で研修を受けて、一定の支給要件を満たす場合、緑の青年就業準備給付金を支給します。

 

2給付金の支給条件(以下の全てを満たす方が対象)

1.林業分野への就業予定時の年齢が、原則45歳未満であり、林業へ就業し、将来的にはその中核を担うことについての
強い意志をもっていること。
2.現在、常用雇用(週35時間以上で継続的に労働するものをいう。)の雇用契約を締結していないこと。
3.生活費の確保を目的とした国の他の事業による給付金等を受けていないこと。
(国以外の事業による奨学金等は受給していても問題ありません。)
4.研修計画書を定められた日までに提出し、研修計画が審査で認められること。

 

3支給額

 上限125千円/月(最大2年間)

・予算の烏合により減額になる場合があります。

・支給は半年分(6ヶ月分)をまとめて行います。
研修期間が6ヶ月に満たない場合は、研修月数分(1ヶ月125,000円×研修月数)を支給します。

 

4問合せ先

給付金の内容や申請方法については、(公社)岐阜県森林公社(岐阜県林業労働力確保支援センター(外部サイト))へ問い合わせください。

 ○(公社)岐阜県森林公社(岐阜県林業労働力確保支援センター)
TEL:0575-33-4011(内線)425

 

5その他

1.本給付金は返還義務が生じる場合があります。詳しくは「給付金の紹介」で確認ください。
2.給付金の支給を希望される方を対象とした説明会を以下の日程で行います。事前申し込みの必要はありませんので、
参加を希望される方は開催時間までに会場までお越しください。

 【給付金説明会】
日時:平成29年4月27日(木)16:30〜18:00
場所:岐阜県立森林文化アカデミー図書閲覧室

 

 □参考資料
給付金の紹介(PDF:321kb)
岐阜県緑の青年就業準備給付金事業事務取扱要領(PDF:159.3kb)

 (※1)研修は、県が認定した機関で研修を受けなくてはいけません。
なお、岐阜県立森林文化アカデミーは県の林業分野の人材育成の中核的教育機関であることから、研修機関に位置付けられています。

 ・研修機関としての認定を希望される事業体は、下記の要領により県に申請してください。
岐阜県緑の青年就業準備給付金事業研修機関等認定要領(PDF:203.3kb)
研修機関認定申請書(Word:57.5kb)