ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

大規模木造公共施設の建築にかかる低コストマニュアル・事例集について

 平成22年10月に「公共建築物等における木材の利用の促進に関する法律」が制定され、県においても平成18年に策定した「公共施設等における県産材利用推進方針」に基づく木造化の取り組みを更に進めるため、「大規模木造公共建築物にかかる低コストマニュアル・事例集」を作成しました。
平成24年2月に県内3箇所(岐阜市・多治見市・高山市)において、本書を活用した平成23年度公共施設木造化研修会を行ったところですが、今回、その内容について、電子データにて掲載いたしますので、施設の整備にあたり「木造化」の参考資料として役立ていただけたら幸いです。
  

大規模木造公共施設の建築にかかる低コストマニュアル・事例集

●ダイジェスト版

 ・ダイジェスト版(pdf:3Mb)

●本編

 ・表紙<pdf:0.4MB>

   ・第1章(はじめに)<pdf:0.4MB>

・第2章(本書の目的)<pdf:0.4MB>

第3章(木造建築物とその他の建築物)<pdf:1MB>

・第4章(低コスト木造化のためのチェックポイントと解説)

 ・第4章-1<pdf:1.5MB>

・第4章-2<pdf:1.2MB>

・第4章-3<pdf:6.0MB>

・第5章(ケーススタディによるコスト比較)<pdf:1MB>

・第6章(事例集)<pdf:14.3MB>

・第7章(構造形式の事例紹介)<pdf:2.2MB>

・第8章(木材関連業者の紹介)<pdf:0.3MB>

・第9章(今後の課題)<pdf:0.4MB>

・第10章(ヒアリング協力者リスト)<pdf:0.2MB>

・第11章(補足資料)<pdf:1.1MB>

※要量の大きい章もありますので、必要な箇所だけダウンロードしてご利用ください。