ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

木質バイオマス利用推進

木質バイオマス利用推進施策の位置づけ

 木質バイオマス利用推進は、平成25年3月に策定した「第2期岐阜県森林づくり基本計画」において、

 「恵みの森林づくり」関連プロジェクトの「木質バイオマスエネルギーへの転換プロジェクト」に位置づけています。

 

県の支援制度等

 エネルギー利用に対する主な支援(林政部関連)は以下のとおりです。

 

 〇地産地消型木質バイオマス利用施設等整備事業費補助金

 木質バイオマスの利用を促進するため、加工施設や利用施設の整備等に対して助成を行う。

 〇木質バイオマス利用施設導入促進事業

 木質バイオマスの利用を促進するため、公共施設や多くの県民が利用する商業・観光・レジャー施設等への

 木質ペレットストーブ、薪ストーブ等の導入経費の助成を行う。

 〇県民協働による未利用材の搬出促進事業

 市町村、地域住民が一体となって未利用材を搬出する取組みを促進するため、搬出された未利用材の買取り

 経費を助成する。

 

県内における最近の取組み

 県内における木質バイオマスの最近の取組みは以下のとおりです。

事業主体 (株)岐阜バイオマスパワー、(株)バイオマスエナジー東海
所在場所 瑞穂市
発電出力 6,250kW/送電出力5,200kW(一般家庭11,000世帯分)
木材使用量 約90,000m3(未利用木材約60,000m3、一般木材約30,000m3)
その他

平成25年9月19日に経済産業省から再生可能エネルギーの固定価格

買取制度における発電施設の認定済み

木質バイオマス発電プラントの竣工について(PDF:382KB)