ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

木の香る岐阜の施設

公共施設等における県産材利用推進方針

 「岐阜県森林づくり基本条例」(平成18年岐阜県条例第25号)第17条第1項の趣旨及び「公共建築物等における木材の利用の促進に関する法律」(平成22年法律第36号)第8条の規定に基づき、県産材の利用の拡大を目的に「公共施設等における県産材利用推進方針」を定めており、平成29年度から平成33年度までの5年間を期間する第3期推進目標を設定しています。(平成29年2月17日改正)

 ○公共施設等における県産材利用推進方針(PDF形式:245KB)

○第1期推進期間(平成19年度から平成23年度)岐阜県の公共施設及び公共土木工事における県産材の利用状況
○第2期推進期間(平成24年度から平成28年度)岐阜県の公共施設及び公共土木工事における県産材の利用状況(PDF形式:2.18MB)


 

教育、福祉関連施設の木造化、内装木質化

 県民のみなさんに木の良さを知っていただき、自らの暮らしの中でもっと木を使っていただくことを目的として、平成6年度より、市町村や社会福祉法人等が行う教育施設や福祉施設の木造化の取り組みに一定額の助成を行う県独自の制度を設け、木造化、内装木質化を支援しています。

 ○木づかい読本(PDF形式:6.5MB)

県産材活用事業への県の助成制度

 県産材需要拡大施設等整備事業は、間伐等森林整備を促進し、森林の公益的機能を高めると共に、県内各地域における林業、木材関連産業を振興するため、市町村、農業協同組合、森林組合等が実施する各種の県産材活用事業の一部を県が予算の範囲内で助成しています。

 ○県産材需要拡大施設等整備事業

 ○清流の国ぎふ森林・環境税を活用した公共施設における県産材の利用促進事業

 

 

「公共建築物等における木材の利用の促進に関する法律」に基づく市町村方針

 

 「公共建築物等における木材の利用の促進に関する法律」に基づき、県内の全市町村が県産材や
地元産材の利用方針を策定しています。

 ○市町村の木材利用方針

大規模木造公共施設の建築にかかる低コストマニュアル・事例集

 ○大規模木造公共施設の建築にかかる低コストマニュアル・事例集

 

林野庁からのお知らせ

 ○「公共建築物等木材利用促進法」(外部サイト)

 ○公共建築物等木材利用促進法・木づかい運動(外部サイト)

国土交通省からのお知らせ

 ○官庁営繕における木材の利用の推進(外部サイト)