ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

緑と水の子ども会議〜地域の自然を題材とした環境教育〜

 "会議"と聞くと「子どもたちに何か議論をさせるの?」と思われるかもしれませんが、image

『緑と水の子ども会議』は自然体験活動や環境教育を行いたい!

もしくは、すでに取り組んでいるけどさらに深めていきたい!

と思っている小中学校、高等学校、特別支援学校に対して、活発に活動できるように

プログラムの紹介や講師派遣、実施経費などを岐阜県で支援していく事業です。

 

趣旨

 人々の生活やそれをとりまく自然環境(森林、里山、水など)とのつながりや関わり

について、親しみ、関心を深め、理解し、考えることにより、地域に愛着を持ち、

地域の将来を支える行動ができる人材を育てていくための取組です。

 『ぎふ木育30年ビジョン』を実現する取組の一環として実施しています。

実施方法

学校が主体となり、総合的な学習の時間や各教科の中で実施します。
県庁恵みの森づくり推進課及び農林事務所担当者が、学習プログラム、講師、体験学習フィールドなどの紹介や、機材や道具の貸出し、活動経費の支援を行います。

実施機関

 実施主体:小学校、中学校、高等学校、特別支援学校
協力:県庁恵みの森づくり推進課、各農林事務所、出前講座協力企業

 

活動内容紹介

平成25年度実施希望校募集案内チラシ〔PDF:729kb〕 :緑と水の子ども会議実施のポイント[PDF:1,452kb] 

rei

◆身近な自然観察
・学校の樹木調べ・学校林の植物観察・川の生き物調べ・川の水質調査
◆森林の働きを学ぶ
・森林の働き(水源涵養・土砂防止など)を学ぶ実験・私たちのくらしと森林・森林と地球温暖化
◆林業体験
・植樹・下刈り・間伐・チェンソー体験
◆森林資源を利用する
・木材加工場の見学・間伐材の利用・木工(ものづくり)体験・特用林産物(しいたけなど)栽培
◆調べ学習・発表
・事前学習・学習発表会

 
※この他、地域の自然や特性を生かした様々な学習を行っています。各学校での取組の詳細は、以下の実施報告をご覧下さい。

 

実施報告

 平成15年度実施一覧[PDF:6KB]平成16年度実施一覧[PDF:212KB]

 平成17年度実施一覧[PDF:210KB]平成18年度実施一覧[PDF:299KB]

 平成19年度実施一覧平成20年度実施一覧

 平成21年度実施一覧平成22年度実施一覧

 平成23年度実施一覧平成24年度実施一覧

 
※平成15〜18年度は実施一覧、平成19〜24年度は実施一覧及び各実施校の実施報告書(PDFファイル)を
ご覧いただけます。