ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

林地開発許可制度

民有林について1haを超える開発を行おうとする場合は、許可が必要

 保安林以外の民有林について、1haを超える規模の「土石又は樹根の採掘、開墾その他の土地の形質を変更する行為」を行おうとする場合は、事前に県知事の許可を受けることが必要です。

 開発行為の一例としては、住宅団地、工場、採石場、ホテルなどの宿泊施設、ゴルフ場やスキー場、遊園地などのレジャー施設、別荘地及び道路などが挙げられます。

「民有林」について

・・・地域森林計画の対象となる民有林です。なお、国有林の開発や都道府県などが民有林で行う開発については、別に連絡調整などを行って、同等の基準で適切な開発が行われることになっています。

「1haを超える規模」について

・・・道路については幅が3mを超える道路でその面積が1haを超えるものとなります。

 

許可に当たっては、次の4つの観点から審査されます。

  • 周辺の地域において災害の発生のおそれがないかどうか。
  • 周辺の地域において水害の発生のおそれがないかどうか。
  • 周辺の地域における水の確保に著しく影響を及ぼさないか。
  • 周辺の地域の環境を著しく悪化させるおそれはないか。

 

上記の観点から審査し、災害の発生のおそれなどがない場合に許可されます。

申請の手引きへ
森林違法開発事案の公表について

森林の不適正事案110番