ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

平成25年4月施行「改正高年齢者雇用安定法」について知りたい

更新日平成24年12月7日

 

高年齢者の雇用の安定を図るため、継続雇用制度の対象者を限定できる仕組みを廃止すること等を内容とする「高年齢者等の雇用の安定等に関する法律の一部を改正する法律」が、平成25年4月1日から施行されます。

●主な改正内容は、

1継続雇用制度の対象者を限定できる仕組みの廃止※経過措置あり

2継続雇用制度の対象者を雇用する企業の範囲の拡大

3義務違反の企業に対する公表規定の導入

4高年齢者雇用確保措置の実施及び運用に関する指針の策定

 

・1に関して
労使協定により65歳まで継続して雇用する社員を選別する基準を定めている場合は、平成25年4月から厚生年金の報酬比例部分の支給開始年齢にあわせ、労使協定の基準に該当しない雇用者も継続して雇用する制度の導入が求められます。

 

●詳しくは、岐阜労働局HP(外部サイト)にてご確認ください。