ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

人材確保支援

産学金官連携人材育成・定着プロジェクトについて

 岐阜県では、全国初の取り組みとして、産業界、大学、金融機関、行政が連携し、県内企業の人材の確保から育成、定着までを総合的に支援する「産学金官連携人材育成・定着プロジェクト」を進めています。

 大学と県内企業が協力した企業実習、企業と大学の先生や学生の方々のつながりを深める交流会や、学生と県内企業が一堂に集う「オール岐阜・企業フェス」の開催などの事業に取り組んでいます。

 

事業概要(PDF:1,500KB)

平成29年度事業

平成28年度までの取り組み

○平成28年11月23日に開催した「オール岐阜・企業フェス」に参加された学生さんへ岐阜県と協議会から会員企業のご案内をおこないました。(平成29年3月末)

 ・D(PDF:3,835KB)裏(PDF:3,638KB)

 ・ご案内した企業一覧(PDF:380KB)

 

企業戦略に必要な人材の採用について

 企業の皆様が直面する経営課題を解決し、経営改善・経営改革を実現するためには、様々な経営戦略を立案することと思います。

 この戦略を実現するために、社内の社員の能力を最大限活用することや、若手社員を育成することも考えられますが、新たな商品の開発や販路の開拓など、積極的に事業を展開するためには、今いる社員だけでは即座に対応できないノウハウや人脈等を必要とする場合も生じます。そこで、このような状況を打開する1つの手法として、経験豊富な外部の人材を登用することが考えられます。

 県では、この外部人材、特に高度な知識や技能を有する人材(以下、プロフェッショナル人材という。)の獲得を支援するために、様々な支援制度を設けています。