ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

岐阜県スマート農業推進検討会参画企業の募集

 岐阜県では農作業の省力化、効率化、農産物の高品質化を目指し、ICT等を活用した農業、「スマート農業」の推進をしています。

 そしてこの度、今後の推進方策を検討するため「岐阜県スマート農業推進検討会」の設置を計画しました。

 

 この検討会では、岐阜県におけるスマート農業の普及・定着を目指す推進方策案に対する意見等のほか、小規模実証等次年度以降の具体的な推進計画について助言をいただくことにしています。

 つきましては、検討会にアドバイザーとして参画いただける関連企業を以下のとおり募集します。

 

 

 

募集対象企業

 農業分野におけるICT等技術および製品の開発製造メーカーなど。

 

 

 

募集締め切り

 参画を希望される場合は、事務の都合上、平成30年6月20日(水)を目途に以下の連絡先までご連絡ください。

 

 

検討会参画に関する報償等

 謝金や交通費などの支給はありません。

(無報酬、無補償でご参画いただける場合に限ります)

 

 

 

岐阜県スマート農業推進検討会について

目的

 ICT等新たな技術を搭載した機器が農業等の現場で使用され始めており、こうした技術は農業等を成長産業に向ける強力な推進力になることが期待されている。

 海抜ゼロメートル地帯から山間高冷地まで、本県では様々な環境・条件で農業等が営まれている中、個々の経営が目指す姿に応じたICT等の導入を促し、作業の省力・効率化、生産性の向上を図る必要がある。

 このため、有識者、関係団体・企業および県関係機関で構成する検討会を設置し、ICT等技術に関する情報整理、県内農業者等による取り組み状況の把握、推進方策の検討を行い、本県におけるスマート農業の推進を図る。

 

 

構成員等

◆構成員

 学識経験者等有識者

 関係団体

 県関係機関

◆アドバイザー

 関連企業(IT企業、関連製品開発メーカー等)

 

 

活動内容(予定)

(1)本県におけるスマート農業の推進方策に関する検討

(2)スマート農業の取り組みに関する先進事例の調査・収集

(3)スマート農業の実証に関する検討

(4)ICT等技術・製品に関する調査・検討

(5)県内農業者等を対象にした研修会等の開催

(6)その他検討会の目的を達成するために必要な事項

 

 ※検討会が対象とする分野

 作物(水稲・麦・大豆)(平野部・山間部)・園芸(野菜・果樹・花)(露地・施設)、

 酪農・肉用牛、養豚、養鶏(肉用・採卵)、養蜂、水産(河川・養殖)、

 農作物等への鳥獣害対策、農産物流通

 

 ※活動内容および分野は検討会の目的の範囲内で変更する場合があります。

 

 

 

開催予定時期

◆開催頻度

 年3回程度

◆開催時期(予定)

 第1回6月下旬または7月上旬

 第2回9月中旬

 第3回12月上旬

◆開催場所(予定)

 いずれも岐阜市内

 

 

連絡先

岐阜県農政部農産園芸課米麦大豆係

電話058-272-8439(直通)

メールc11423@pref.gifu.lg.jp