ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

ぎふの花き情報

トピックス

「平成29年度岐阜県園芸福祉サポーター養成講座」受講生を募集します

平成29年度認定の岐阜県園芸福祉サポーターを養成するための講座を開催します。花と緑とまちづくり

 

A.花フェスタ記念公園会場

日にち 3月12日(月)、14日(水)の2日間
時間 2日間とも、10時15から16時15分
場所

花フェスタ記念公園花トピア研修室

(可児市瀬田1584−1)

 

B.岐阜県西濃総合庁舎会場

日にち 3月15日(木)、16日(金)の2日間
時間 2日間とも、10時15分から16時15分
場所

岐阜県西濃総合庁舎大会議室

(大垣市江崎町422−3)

 

申込み方法

受講申込票に必要事項を記入し、農産園芸課までFAX又は郵送で

お申し込みください。

申込み期限 平成30年2月28日(水)
定員 各会場30名

 

詳細は、添付の案内チラシでご確認ください。

案内チラシはこちらをクリックしてダウンロードしてください。:チラシ(PDFファイル460kb)

受講申込票はこちらをクリックしてダウンロードしてください:受講申込票(Wordファイル91kb)

 

岐阜県園芸福祉サポーターとは

県内の医療・福祉施設等で、植物の栽培等園芸活動の指導や支援を行う県民ボランティアのことです。2日間の講座を修了し、登録票を提出していただくと、県が「岐阜県園芸福祉サポーター」に認定します。

 

 

フラワーウィークキャンペーンが始まりました(清流の国ぎふ花き戦略会議)

 花きの関心を高め、生活の様々な場面で花きの活用を促進する活動をしています。

 取り組みの紹介ページへは、こちらをクリックすると移動します。

 

花きの日に向けて、ひまわりの栽培が始まりました(花きの日花育事業)

 県内50か所の保育園・幼稚園・認定こども園で、ひまわりの花を咲かせる活動が始まりました。

 取り組みの紹介ページへは、こちらをクリックすると移動します。

 

ぎふの花飾り紹介

〇「ぎふの花飾り紹介」のページについて

県では、平成26年10月に全国に先駆け「岐阜県花きの振興に関する条例」を制定しました。

県内の学校、職場や地域では、花を飾る取り組みが始まっています。

 

岐阜県で生産される花き

 岐阜県の花きは、平坦地では大規模な温室による鉢花や切りバラ栽培並びに露地栽培の菊や枝物花き、高冷地では雨よけハウスによるトルコギキョウや菊の栽培など地域の特色を生かして生産が拡大してきました。特に鉢花を中心にポットローズ、セントポーリア、ベゴニアなど生産量が日本一の品目も育つなど全国有数の産地となっています。

 

県産花きに関する統計・資料など

花き統計(PDF形式:229KB)
平成27年に県内で生産された花きの調査結果です(農産園芸課調べ)。

ぎふけんの花(PDF形式:536KB)

岐阜県で生産される花きを紹介するパンフレットです(お子様向け)。

飛騨美濃園芸王国(リンク)
きく、ばら、鉢物などを紹介しています。

 

関連サイト

 ぎふの花育
岐阜県における花育の取り組みを紹介しています。フラワー・ブラボー・コンクールの情報もこちらからどうぞ!

 岐阜県農業技術センター(外部サイトへのリンク)
岐阜県農業技術センターでは、バラやトルコギキョウ、フランネルフラワーなどの品種育成を行っています。