ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

ぎふの花き情報

トピックス

平成30年度岐阜県園芸福祉サポーター養成講座受講生募集中

 県内の医療・福祉施設等で、園芸活動の指導や支援を行う県民ボランティアである「園芸福祉サポーター」を養成する講座を開催します。

 

1会場・開催日

 (1)花フェスタ記念公園花トピア研修室(可児市瀬田1584‐1)

 平成30年11月21日(水)、11月30日(金)の2日間

 (2)岐阜県飛騨総合庁舎大会議室、中会議室(高山市上岡本町7-468)

 平成30年11月22日(木)、11月29日(木)の2日間

 ※両会場とも、2日間の日程です。

 ※全日とも、10時15分から16時15分まで講座を行います。

 

2募集人数

 各会場30名

 ※定員を超えた場合は、抽選とさせていただきます。

 

3受講対象者

 講座受講後に岐阜県園芸福祉サポーターとして県内で活動していただける方

 (県内在住の方、県内の医療・福祉施設等で従事されている方など)

 

4申込期限

 平成30年11月6日(火)

 ※申込用紙に必要事項を記入の上、FAX・E-mail等により農産園芸課へお申し込みください。

 

◎申込用紙はこちらからダウンロードできます。

 

 

「ぎふフラワーフェスティバル2018」の開催

 平成30年10月6日(土)、7日(日)の両日、可児市の花フェスタ記念公園において「ぎふフラワーフェスティバル2018」を開催します。県内の花き文化団体が各所に作成する“撮影スポット花飾り”を撮影してSNSにアップする「SNSラリー@花フェスタ」の開催や、来場者の皆さんが花飾りを作成する体験教室を開催します。岐阜県の花の魅力を伝える2日間、是非花フェスタ記念公園にご来場ください。
 

<花飾り体験教室>

 花のミュージアム正面入り口付近のテントで、花飾り体験教室を開催します。県内でご活躍いただいている花き文化団体の方々を講師に、自分だけのオリジナル作品を作ってみませんか。

 

<SNSラリー@花フェスタ>

 花トピアに飾られたメインディスプレイと、公園内に飾られた4つの撮影スポット花飾りのうち1つ以上を撮影し、SNSにアップしていただいた方に景品をプレゼントするラリーを開催します。詳しいルールや確認方法などについては、当日入場口で配布するパンフレットをご覧ください。

 

 

 

平成30年度寄せ植えコンテストの開催

平成30年10月5日(金)から8日(月)にかけて、「平成30年度寄せ植えコンテスト」を開催します。

 

1主催

 岐阜県、清流の国ぎふ花き戦略会議

2会場

 花フェスタ記念公園花トピア実習温室

 (岐阜県可児市瀬田1584‐1)

 

※詳細は、リンク先をご覧ください。

 

第3回清流の国ぎふ花かざりコンテスト募集中

県民の美しい郷土づくりへの意識を高めてもらい、花かざりの輪を県下全域に広げることを目的に開催します。

 

1主催

 清流の国ぎふ花き戦略会議

2募集期間

 平成30年4月20日(金)から平成30年10月15日(月)

 

※詳細は、リンク先をご覧ください。

 

ぎふの花飾り紹介

〇「ぎふの花飾り紹介」のページについて

県では、平成26年10月に全国に先駆け「岐阜県花きの振興に関する条例」を制定しました。

県内の学校、職場や地域では、花を飾る取り組みが始まっています。

 

岐阜県で生産される花き

 岐阜県の花きは、平坦地では大規模な温室による鉢花や切りバラ栽培並びに露地栽培の菊や枝物花き、高冷地では雨よけハウスによるトルコギキョウや菊の栽培など地域の特色を生かして生産が拡大してきました。特に鉢花を中心にポットローズ、セントポーリア、ベゴニアなど生産量が日本一の品目も育つなど全国有数の産地となっています。

 

県産花きに関する統計・資料など

花き統計(PDF形式:416KB)
平成28年に県内で生産された花きの調査結果です(農産園芸課調べ)。

 

飛騨美濃園芸王国(リンク)
きく、ばら、鉢物などを紹介しています。

 

関連サイト

 ぎふの花育
岐阜県における花育の取り組みを紹介しています。フラワー・ブラボー・コンクールの情報もこちらからどうぞ!

 岐阜県農業技術センター(外部サイトへのリンク)
岐阜県農業技術センターでは、バラやトルコギキョウ、フランネルフラワーなどの品種育成を行っています。