ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

益田清風高校生徒による「エゴマ収穫体験」を開催します。

下呂市では古くからエゴマ(あぶらえ)が栽培され、郷土料理に利用されるなど、市民の生活に定着しています。
そこで、地元の高校生にエゴマの生産・加工等を通じて農業に対する知識と関心を高めてもらうことを目的に、エゴマ収穫体験を実施します。

 

日時と場所、平成29年10月27日(金)9:00ー11:00(予定)
田之野たのの圃場(小坂町大洞375付近)(別紙参照)

 

参集者、益田清風高等学校総合学科3年生生徒(15名)

 

内容、午前9時ー午前11時、エゴマの収穫体験
(栽培する圃場にて、収穫方法の指導を園主から受け、実際に収穫します)

 

エゴマ収穫体験詳細

現地MAP