ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

小水力発電による環境保全推進事業

概要

 CO2削減・地球温暖化防止の観点、また東日本大震災の影響から、自然循環による再生可能エネルギーの活用に大きな関心が寄せられています。本県は豊かな水資源があるものの、大規模な水力発電施設の整備は多額の費用と時間を要するなど課題も多くあります。

 比較的小規模な小水力発電は建設時の環境負荷が小さく、環境保全への寄与を図ることができるという利点がありますが、普及・啓発は進んでいない状況です。

 このため岐阜県では、平成29年度から「清流の国ぎふ森林・環境税」を活用し、市町村や地域団体等が身近な水路等に小水力発電施設を設置し、あわせて環境保全学習・活動を実施することを通じ、環境負荷の低い再生可能エネルギーシステムの普及・啓発を図る取組みについて支援を行います。

 

【事業概要説明資料PDF:122KB】

 

 

項目

平成30年3月14日 平成30年度小水力発電による環境保全推進事業
平成29年3月15日 平成29年度小水力発電による環境保全推進事業
参考 清流の国ぎふ森林・環境税について

※詳細については、リンク先をご確認ください。

 

 

問い合わせ先

担当所属 農政部農地整備課水利・小水力係
電話 058-272-8469(直通)