ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

協同農業普及事業の実施に関する方針

 県では、農業改良助長法第7条第8項の規定に基づき「協同農業普及事業の実施に関する方針」を策定したので、公表します。

 

 

実施方針策定のポイント

 平成28年3月に「ぎふ農業・農村基本計画」が策定され、そこで示された3つの基本方針、「多様な担い手づくり」「売れるブランドづくり」「住みよい農村づくり」の実現により、将来にわたる農業の営みと農村の暮らしを支えるため、本県普及事業を実施する上での基本的な考えを「協同農業普及事業の実施に関する方針」に示しました。

 

協同農業普及事業の実施に関する方針(平成28年3月)(PDF:464KB)

 



「協同農業普及事業の実施に関する方針」とは

 県の農業・農村の発展に資するため、普及事業を実施する上での基本的な考えを示すものとして策定するものです。

 この方針に基づき、限られた人員の中で、普及指導員の高い専門力を最大限に発揮しつつ、農業者の求める高度で多様なニーズを踏まえた普及指導活動を展開していきます。