ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

農業共済制度

農業共済制度とは

・農家が災害を受けたとき、その損失を補てんして、農業経営の安定を図る公的保険制度です。

・法律(農業災害補償法)に基づき、国の農業災害対策として実施されています。

・地域ごとに、各農業共済団体(NOSAI(ノーサイ))が事業を実施しています。

・災害に対する損失補てんの他に、災害を未然に防ぐための活動を行い、地域農業振興に寄与しています。

 

共済事業の種類

岐阜県において実施している共済事業は、次のとおりです。

共済事業

対象作物等

補償内容

農作物共済 水稲・麦 災害による作物の減収等に対する損害を補てんします(収穫共済)
果樹共済 りんご・なし・もも・かき
畑作物共済 大豆・
蚕繭(春、初秋、晩秋)
家畜共済 牛・馬・豚 災害による資産の減損に対する損害を補てんします(資産共済)
園芸施設共済 ガラス室・プラスチックハウス・
施設園芸用の付帯施設及び施設内農作物
建物共済 建物・家具類など
農機具共済 農機具

・補てんの対象となる主な災害には、風水害、干害、ひょう害、凍霜害、雪害、雨害、湿害、地震害、雷害、噴火の害、

火災、病虫害、鳥獣害等があります(事業によって異なります)。

・農業共済団体によっては、実施していないものもあります。

 

県内の農業共済団体

名称 管轄地域 事務所所在地 連絡先

NOSAI岐阜中央(岐阜中央農業共済組合)(外部サイト

岐阜市、羽島市、各務原市、山県市、瑞穂市、本巣市、羽島郡、北方町 〒500-8385
岐阜市下奈良2-2-1
TEL.058-275-3490
FAX.058-275-3492

NOSAI西濃(西濃農業共済組合)(外部サイト)

大垣市、海津市、養老町、不破郡、安八郡、揖斐郡 〒503-0115
安八郡安八町今ヶ渕607-1
TEL.0584-64-6667
FAX.0584-64-6645

NOSAI中濃地域(中濃地域農業共済事務組合)(外部サイト)

関市、美濃市、郡上市、美濃加茂市、可児市、加茂郡、御嵩町 〒501-32531
関市栄町3-7-21
TEL.0575-22-1008
FAX.0575-22-1317

NOSAI東濃(東濃農業共済事務組合)(外部サイト)

多治見市、瑞浪市、土岐市、中津川市、恵那市 〒509-7201
恵那市大井町1008-1
TEL.0573-25-8805
FAX.0573-25-5041

NOSAIひだ(飛騨農業共済事務組合)(外部サイト)

高山市、飛騨市、下呂市、白川村 〒506-0052
高山市下岡本町2115
TEL.0577-35-0310
FAX.0577-35-0388

NOSAIぎふ(岐阜県農業共済組合連合会)(外部サイト)

県内全域 〒501-6132
岐阜市次木348-1
TEL.058-270-0081
FAX.058-270-0088

Q&A

Q.共済掛金は掛け捨てですか?

A.掛け捨てではありません。その農家で、3年間被害(共済金の支払い)がなければ、掛金の一部を無事戻し金として農家にお返しします。

 ただし、組合等の議決や収支状況によっては、お返しできない場合があります。

 

Q.収穫量を上げる努力、災害を未然に防ぐ努力をしない農家があった場合、他の農家と同じように共済金を支払うのは不公平ではないですか?

A.通常の肥培管理や防除を行わない農家に対しては、被害があっても管理不足分が共済金から差し引かれます(分割評価)。

 

Q.支払った共済掛金や災害による損失補てんとしてもらった共済金の税制上の扱いは?

A.農業共済の掛金は、農業経営の経費として計上することができます。また、施設に係る共済金は非課税ですが、収穫物に係る共済金は農業

 所得として課税の対象になります。

 

Q.収入保険制度が始まると聞きましたが?

A.収入保険制度とは、品目の枠にとらわれずに、自然災害による収量減少だけでなく、価格低下も含めた収入減少を補填する制度であり、平成

 31年より開始される見通しです。加入には、青色申告の実績が必要です。(青色申告を始めましょう!