ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

消費・安全対策交付金事後評価結果について

 消費・安全対策交付金は、食の安全と消費者の信頼確保に係る以下の内容を目的として、各地域がそれぞれの実態に応じた目標を明確に示したうえで、その自主性や独自性を発揮しながら推進する取り組みを支援するため、平成17年に農林水産省によって創設されました。

 このたび、平成27年度に岐阜県が実施した事業の事後評価を行いましたので、その結果について、消費・安全対策交付金実施要綱第7の3の規定により、公表します。

 なお、事後評価の実施にあたり、公正性確保の観点から学識経験者等の第三者から意見を聴取しています。

 

 

事後評価結果

平成27年度食の安全・消費者の信頼確保対策推進交付金事業事後評価の概要(PDFファイル約192KB)

平成26年度食の安全・消費者の信頼確保対策推進交付金事業事後評価の概要(PDFファイル約222KB)

平成25年度食の安全・消費者の信頼確保対策推進交付金事業事後評価の概要(PDFファイル約197KB)

平成24年度食の安全・消費者の信頼確保対策推進交付金事業事後評価の概要(PDFファイル約183KB)

平成23年度食の安全・消費者の信頼確保対策推進交付金事業事後評価の概要(PDFファイル約187KB)

平成22年度食の安全・消費者の信頼確保対策推進交付金事業事後評価の概要(PDFファイル約164KB)

平成20年度食の安全・消費者の信頼確保対策整備交付金事業事後評価の概要(PDFファイル約79KB)

 

 

リンク

※消費・安全対策交付金の詳細についてはこちら(農林水産省のページ)http://www.maff.go.jp/j/syouan/soumu/koufukin/index.html(外部サイト)