ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

首都圏イベントカレンダー

5月イベント

イベント名

場所

内容

問い合わせ先

~28日(日)

「篠田桃紅昔日の彼方に」展覧会(外部サイト)

菊池寛実記念智美術館
(東京都港区虎ノ門4-1-35西久保ビル)

県ゆかりの美術家、篠田桃紅さん(104歳)の個展が虎ノ門の菊池寛実記念智美術館で5月28日まで開催されています。

 

※篠田桃紅氏…水墨による抽象作品が世界的に高い評価を得ている美術家。岐阜市出身の父、関市出身の祖母の下育ち、幼少期より美濃和紙に愛着を持つなど岐阜との関わりが深い。著書も多数。

 

※観覧料が必要です。(一般1,000円、大学生800円、小・中・高生500円)

 

※月曜休館です。

菊池寛実記念智美術館
TEL:03-5733-5131(代表)

13日(土)

みどりとふれあうフェスティバル(外部サイト)

日比谷公園
(東京都千代田区日比谷公園1-6)

13日~14日の2日間にわたり、森にふれ、森を育み、木をつかう企業、団体、NPO等が出展し、木のクラフトやツリークライミング体験、鹿肉などのジビエ料理を味わうことができるなど、子供から大人まで楽しめるイベントです。
13日の11時50分~、「日比谷公園にれのき広場」で、正プラス(株)代表の稲本氏と岐阜県公式キャラクター「ミナモ」のトークイベントが開催されます。

正プラス(株)
TEL:03-3423-7156

19日(金)

~6月25日(日)

熊谷守一美術館32周年展(外部サイト)

熊谷守一美術館
(東京都豊島区千早2-27-6)

旧恵那郡付知村(現中津川市付知町)生まれの画家、熊谷守一の美術館が32周年を迎えるにあたり特別企画展が開催されます。
中津川市の「熊谷守一つけち記念館」の所蔵作品もあわせて、約100点の熊谷守一の作品がご覧いただけます。

 

※観覧料が必要です。(一般700円、高校・大学生300円、小・中学生100円)

 

※月曜休館です。

熊谷守一美術館
TEL:03-3957-3779

※上記以外にもイベント開催の予定がございます。
(随時更新いたしますが、最新情報はFacebook(外部サイト)をご覧ください!)