ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

”環境犯罪”を許しません!

環境犯罪の撲滅を目指して

産業廃棄物の不法投棄事案など、次世代に引き継ぐべき豊かな自然環境や住民の生活環境を侵害する環境犯罪については、ひとたび発生すれば周辺環境に甚大な影響を及ぼす悪質な犯罪です。岐阜県警察では、これら環境犯罪の徹底検挙を図るなど、撲滅に向けた取り組みを推進しています。

廃棄物事犯の現状

産業廃棄物の不適正処理事案をはじめとする廃棄物事犯が依然として発生しており、特に、一般家庭から排出される家庭ゴミ(一般廃棄物)の不法投棄や野外焼却事案の発生が目立っています。

 

 一般廃棄物の不法投棄現場

不法投棄現場

 

環境犯罪の検挙状況

検挙状況の推移(廃棄物事犯)

 

岐阜県警察における廃棄物事犯の検挙件数

 

主な検挙事例(環境犯罪全般)

自社の土地に建物解体工事で排出された産業廃棄物であるコンクリート殻などを不法投棄した業者を廃棄物処理法違反(投棄の禁止)で検挙

(平成29年)

○無許可で廃船の処分を請け負った業者を廃棄物処理法違反(受託)で検挙(平成30年)

廃棄物の不法投棄等に関する情報や相談をお寄せください

 あなたの「町」がゴミ捨て場になっていませんか?あなたの近くで、廃棄物の不法投棄や野外焼却を見かけたり話を聞いたときは、ぜひ連絡を!

 岐阜県警察では、インターネットや「廃棄物110番」電話を通じて広く県民の方から情報提供をお願いしています。

 なお、最寄りの警察署、交番でも受け付けています。

廃棄物110番