ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

警察学校での教育訓練

 警察学校では、採用した警察官に対し、全寮制の下で、憲法をはじめとする法学、社会などの座学授業、刑事など各部門の警察実務、気力、体力を養うための柔道、剣道、逮捕術などの教養訓練を通じて、県民の期待と信頼にこたえる警察官となるよう育成します。

警察学校で学ぶこと

○基本的な知識や技能の習得

 憲法、刑法、刑事訴訟法、警察官職務執行法等の各種法令知識や犯罪捜査、鑑識、交通指導取締り、地域安全活動の実務に関する知識技能を修

 得します。

○強靭な体力と気力の練成

 柔道、剣道、逮捕術、体育等の訓練により強靭な体力と気力、精神力を養います。

○社会人としての良識の育成

 歴史、文化といった一般教育や茶道、華道、書道等の情操教育により、社会人としての円滑な良識と豊かな人間性を醸成します。

 

428剣道428柔道

428クラブ428拳銃 

新任警察官の教育制度の概要

教育種別

大学卒業者

短大・高校卒業者

「初任科教養」

 採用と同時に入校し全寮制で実施する基礎的教育訓練

6か月間

10か月間

「職場実習」

 初任科教育卒業後に警察署で行う実務の研修

3か月間

3か月間

「初任補修科教養」

 職場実習後に再度全寮制で行う教育訓練

2か月間

3か月間

「実戦実習」

 初任補修科卒業後に警察署で行う実務の補強教養

4か月間

5か月間

合計

15か月間

21か月間

 

警察学校の一日

時間 内容
午前6時30分 起床
午前6時45分 国旗掲揚、日朝点呼、清掃、朝食、授業準備
午前9時00分 1時限目
午前10時30分 2時限目
午前11時50分 昼食・休憩
午後0時50分 3時限目
午後2時20分 4時限目
午後3時50分 5時限目
午後5時15分 国旗降納、夕食
午後6時00分 清掃
午後6時30分 自習、トレーニング、入浴、自由時間、クラブ活動
午後9時45分 日夕点呼
午後11時00分 消灯

警察学校を卒業した先輩の声

警察の仕事 をクリックしてください。