ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

平成29年度第3回高山警察署協議会

開催日時

 平成29年12月6日 水曜日 午後2時00分から午後4時00分まで

開催場所

 高山警察署会議室

出席者

 高山警察署協議会委員8名

 高山警察署長以下幹部9名

協議会次第

 高山警察署駅前交番視察

 開会

 協議会長あいさつ

 署長あいさつ

 議事・意見交換等

 閉会

駅前交番視察

 新築移転した駅前交番の外観と内装を視察していただきました。

代表者会議出席報告(協議会長)

 特殊詐欺の現状についての講話から

  特殊詐欺発生の原因には、親の子供に対する無償の愛が根底にあること、親子関係が希薄であることが考えられる。

  予防対策は、何でも話せる環境を作ること、地域の輪の中にでかけること、詐欺のことをよく知る人とコンタクトできる人を増やすこと。

 分科会での発表事項 子供の安全対策と防犯ボランティア活動について

  高山地区少年警察ボランティア協議会の有志が、劇団とんぼ座を結成して小学校低学年を対象に活動している。

  少年ボランティアによる街頭補導活動は、ただ声をかけるよりも防犯グッズを手渡すことで声掛けしやすくなった。

  子ども110番の家について、留守宅もあるため小学校、交番、駐在所が連携を取ることにより形骸化防止を図っている。

 

意見交換等

 駅前交番を視察しましたが、オープンな雰囲気があり、地域に親しまれる交番になっていただきたいです。

 第2回協議会質問事項への回答:下岡本町南交差点における交通事故防止施策の検証結果について

 国交省と合同で現場の聞き取りを行った結果、改良要望がなくなり見やすくなったとの意見が得られました。

 同:外国人がレンタルサイクルを利用する際のマナー違反が気になります。

 外国語冊子をレンタルサイクル店に配布していますが、最近は中国や台湾の観光客が多いので、中国語版の冊子を校正中です。

 同:青少年の街頭補導状況についてはどうですか。

 10月末現在180人で、昨年同期と比べ補導の数は減っていますが、飲酒による補導もあるので絶無を図っていきます。

 同:警察署新庁舎を建設中と聞いていますが。

 市内大新町に、大規模震災時の防災拠点としてふさわしい警察署を設立中です。概ね平成30年10月に完成・移転予定です。

 同:外国人観光客ドライバーの交通事故状況についてはどうですか。

 協議会開催時で65件発生し、うち1件は人身事故です。日本語を理解できない方が多く、その都度外国語が堪能な職員が対応しています。

 同:積載オーバーのトラックが平湯料金所を通過していくようですが。

 料金所に問い合わせたところ、積載量はほぼ定量と思われるとの回答でしたが、ネクスコとの合同取締りを行う計画を進めています。

 同:山岳警備隊員の装備品等の購入予算は確保されていますか。

 予算は十分確保されています。出動先によって消耗の度合いが異なりますので、隊員の意見を吸い上げて予算請求を行っています。

 同:山岳警備隊員の特殊勤務に対する手当はどのようですか。

 訓練やヘリによる出動、レスキュー出動などに応じて手当が支給されています。

 同:LED式信号機の着雪対策はどうですか。

 伸縮式の道具を使って警察官が手作業で行っています。通勤時間帯に間に合うよう、早朝から担当係が出勤して除雪しています。

 高齢者が夜間安全に歩けるよう、警察官が反射材を配布している新聞記事を読みました。

 特に薄暮時は事故が多く、また高山駅から警察署までの道路で高齢者の斜め横断が目立つので、横断歩道の利用と反射材利用を促しています。

 MSリーダーズ活動について、リーダーの数がもっと増えると良いと思いますが。

 各校さまざまですが、生徒全体で活動を行っている学校もあり、授業や部活の合間を縫って規範意識向上のための活動を行っています。

その他

第4回警察署協議会は、平成30年2月下旬から3月初旬の開催を予定しています。