ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

自転車運転の危険性を安全に体験【高齢者総合安全専門学校】

大垣市東地区で開校した高齢者総合安全専門学校において、実際に自転車を運転しながら安全にルールを学べる

「自転車シミュレーター」を使用した体験型の交通安全教育を実施しました。

実際の運転前に、ルールを改めて確認、また自らの命を守る「ヘルメット」の重要性についても説明がありました。

参加された方は「シミュレーター」付属の自転車を運転し、画面に表示された道路を安全に進みながら目的地を目

指しましたが、運転途中に急に人が飛び出してきたり、死角から車が現れたりと、実際の交通現場さながらの危険

な状況に緊張の連続で、無事に目的地に到着した時にはほっと胸をなでおろしていました。

また、見学していた方も大型スクリーンに映し出される危険な道路状況に驚きの声を挙げていました。

シミュレーターで事故を起こしてもケガはしませんが、実際の道路で事故となればケガをします。

参加された皆さんをはじめ、自転車利用者の方はルールを守って交通事故防止に努めてくださいね。

 

<運転前にルールを確認>

自転車ルールを再確認

 

<万が一の事故に備えてヘルメットを着用!!>※帽子ではありません

乗車前にはヘルメット

 

<まずは、警察官がお手本を・・・!?>

警察官の見本?

 

<実際に運転、緊張の連続です>

状況