ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

平成30年各務原警察署活動

平成30年度の警察署の活動紹介を掲載していきます。

 

当署員が中部管区警察拳銃射撃競技大会で準優勝に貢献(9月12日)

 当署地域課の上田巡査部長が岐阜県警察の団体チーム選手として、平成30年度中部管区警察拳銃射撃競技大会(愛知県警・岐阜県警・三重県警・福井県警・富山県警・石川県警が出場)に出場しました。当県警チームは惜しくも僅差で優勝を逃しましたが、精一杯の力を発揮し準優勝に貢献することができました。個人成績は第4位でした。

拳銃射撃競技大会

鵜沼第一小学校でパトカー展示(9月11日)

 当署鵜沼交番員が鵜沼第一小学校PTAが主催する「働く車とのふれあい会」に招かれ、8月25日、同校でパトカーを展示しました。他には陸上自衛隊車、消防車、クレーン車も展示されました。親子でパトカーに乗車すると、サイレンや無線機などの装備を興味深く見入っていました。また、警察の仕事やパトカーの役割など多くの質問があり、「おまわりさんになりたい。」と頼もしい声もありました。満面の笑顔でパトカーや交番員と記念撮影するなど大盛況でした。

鵜沼第一小学校でパトカー展示

犯罪被害救援基金へ寄付(9月4日)

 市民の皆様には、日ごろから犯罪被害者支援活動に対するご理解とご協力をいただき、ありがとうございます。この程、当署受付窓口に設置の「犯罪被害救済救援募金箱」に込められた皆様のご厚意と善意を公益財団法人「犯罪被害救援基金」へ送金しました。引き続き、犯罪被害者に対する支援活動にご協力の程、よろしくお願いします。

犯罪被害支援基金へ寄付

 

「こどもけいさつ絵画コンクール」受賞作品の展示(9月3日)

 当署では、現在、玄関ロビーにおいて「平成30年度こどもけいさつ絵画コンクール」で受賞した各務原市内の小学4年生6名の絵画を展示しています。いずれも署員や来署される方の心を和ませてくれる作品ばかりです。9月30日(日)まで展示しています。ぜひ、来署されてご覧ください。お待ちしております。

受賞作品1 受賞作品2

各務原市福祉フェスティバルにて警察ふれあい広場開設(9月2日)

 各務原市福祉フェスティバルの会場で、各務原地区交通安全協会役員と協力し、警察ふれあい広場を開設しました。ミニ白バイとパトカーを展示、手形コーナーの設置など、交通事故防止及び振り込め詐欺被害防止など呼びかけました。赤ちゃんや幼児、小学生の子どもさん連れの家族が、満面の笑顔でミニ白バイにまたがったり、パトカーの前で敬礼したりして記念撮影するなど大勢の方が立寄られ大盛況でした。

各務原市福祉フェスティバル

 

各務原市とドラレコ映像提供に関する協定の締結(8月29日)

 当署と各務原市との間で『各務原市公用車ドライブレコーダーの映像提供に関する協定』を締結しました。ドライブレコーダーの映像提供に関する自治体との協定締結は県下では初めての取組みとなります。ドラレコ映像の提供により、「交通事件」「事故捜査」「犯罪捜査」などに役立たせることができ、事件事故の早期解決や犯罪抑止に大きくつながります。引き続き、署員が一丸となって安心,安全な各務原市の実現に向けた活動していきます。

協定締結の状況

 

「警察の仕事を学ぶ」講座にて講話(7月25日)

 若手警察官が、各務原市生涯学習事業の「親子でチャレンジ!『警察の仕事を学ぶ』講座」に招かれ、幼児から小学生までの子どもさん(16名)と保護者の方に講話を行いました。猛暑の中、子どもさん方は、警察の仕事、装備品及びパトカーの説明に目を輝かせながら聞いてくれました。鑑識体験では、自分の指紋が浮かび上がると驚きの声をあげ、ミニ白バイやパトカーとの記念撮影では、白バイ隊員や警察官になった気分で敬礼するなど、終始、笑顔が絶えませんでした。最後には、「知らない人にはついて行きません。交通事故に気をつけます。」と元気に誓ってくれました。

講話の状況 パトカーの説明状況

県下拳銃射撃競技大会で二連覇達成(7月5日)

 7月5日、岐阜県警察学校で平成30年度岐阜県警察拳銃射撃競技大会が行われました。当署が、昨年に続き団体戦第1部(県警の大きい部及び大規模警察署)において優勝を飾り、二連覇を果たしました。署代表選手の大健闘により、署員の士気も一段と上がりました。今後も、全署員が一丸となって各務原市の安全・安心のため尽力していきます。

拳銃射撃競技大会優勝

 

各務原警察署安全・安心フェアの開催(6月30日)

当署は、アピタ各務原店において、『各務原警察署安全・安心フェア』を開催しました。機動隊の災害用特殊車両「ウニモグメガクルーザー」やパトカー、ミニ白バイ、エアーテント、災害救助活動パネル、ラッピングバスを展示し、警察官募集、手形コーナーを開設し、交通事故防止及びニセ電話詐欺被害防止など呼びかけました。大勢の来店客の方や近隣の方に立ち寄っていただき大盛況でした。

安全・安心フェア1 安全・安心フェア2安全・安心フェア3

 

 

署員による小学校での出前授業(6月21日)

6月21日、尾崎駐在所員が尾崎小学校に招かれ、4年生(62名)に対する社会科の授業を行いました。4年生のみなさんは、目を輝かせながら、制服警官が身に付ける装備品や無線機、交番・駐在所の仕事などの話を聞いていました。警察は地域の方々の理解と協力を得て、地域の安全・安心を守る仕事であることを学ぶことができました。授業後は、「警察官になりたい。」と、警察官を志望する元気な声も聞かれました。

尾崎小で授業

小学校2校による交番訪問(6月8日・13日)

小学校4年生の社会科の授業の一環で市内の小学校2校による交番訪問がありました。6月8日に鵜沼交番に鵜沼第一小学校4年生(94名)が、13日には那加交番に那加第三小学校4年生(65名)が来てくれ、みなさんは署員の話に耳をかたむけ、熱心にメモをとりながら、パトカーをはじめとした警察官の装備品や無線機、交番員の仕事などを学んでいました。帰り際には、「声掛けや連れ去りに気をつけます。交通事故にあわないようにします。」と、元気に誓ってくれました。

鵜沼交番訪問 那加交番訪問

岐阜県警察官採用試験案内

1.【受験資格】★昭和58年4月2日以降に生まれた方★《警察官A》大学卒業・来春3月31日までに大学卒業見込みの方★《警察官B》中学卒業・高校卒業・短期大学卒業の方

 

2.【試験区分】警察官A:平成31年4月1日採用予定警察官B:平成31年4月1日採用予定

 

申込書受付期間 第1次試験 第2次試験 最終合格者発表
7月13日(金)から8月14日(火) 9月16日(日) 10月下旬から11月上旬 11月下旬

 

3.【申込方法】◎申込書は当署、市内の交番・駐在所にあります。◎警察本部警務課まで持参するか、郵送(8月14日までの消印有効)して下さい。

 

ご不明な点、問い合わせは当署まで連絡を願います。

県警柔道・剣道大会柔道個人試合で女性警察官3名が入賞(6月14日)

6月14日、岐阜市内において開催された岐阜県警察柔道・剣道大会で、当署女性警察官3名が入賞を果たしました。女子柔道2段以上の部で当署生活安全課の相宮巡査が準優勝、初段以下の部で地域課古瀧巡査が第3位、剣道2段以上の部で林巡査が第3位に輝きました。日ごろの訓練の成果であり、本人らも「この調子で地域の安全・安心を実現したい。」とはりきっていました。

柔道・剣道大会入賞

中央小学校2年生の警察署見学(6月7日)

中央小学校2年生(31名)が生活科「町たんけん」施設見学授業で警察署見学に来てくれました。警察官の装備品、パトカーや無線機などについて説明すると、メモをとりながら熱心に耳を傾け、交番、刑事課や交通課などの仕事を学びました。最後には全員が「声掛けや連れ去りに注意します。交通ルールを守ります。」と元気に誓ってくれました。

パトカー見学 熱心に話を聞く小学生

各務原警察署ふれあい広場の開設(4月14日)

 当署は、岐阜ハウジングギャラリー各務原の交通安全イベント会場において警察ふれあいブースを開設しました。パトカーやミニ白バイを展示し、記念手形コーナーを設置したところ、多くの家族連れの方でにぎわいました。交通事故防止、振り込め詐欺被害防止、テロ防止、地震への備え及び犯罪被害者への支援活動などを呼びかけました。

ミニ白バイの状況..記念手形の状況

 

新任警察官2人の配属(3月29日)

当署に警察学校を卒業した新任警察官2人が配属されました。「一日も早く地域住民の方々に頼られる警察官になり、各務原市の安心安全を守りたい。」と元気一杯に力強く決意表明をしました。

新任警察官