ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

平成29年度各務原警察署の活動

・平成29年度における各務原警察署の活動について紹介します。

 

「ひよこの集い」による川島駐在所訪問(1月10日)

 「110番の日」として広報している1月10日、川島地区のサークル「ひよこの集い」の子どもさん(29名)と保護者の方による川島駐在所への訪問がありました。子どもさんたちは、笑顔いっぱいでパトカーと記念撮影したり、無線機など警察の装備品に大喜びでした。最後に「車に気をつけてね。」と声を掛けると、「はい。」と元気に誓ってくれました。

駐在所訪問の状況

 

新年を迎えての初点検(1月4日)

新年を迎え、年頭における初点検を実施しました。署員一人ひとりの服装や装備品、姿勢や紀律ある各動作を確認し、「安全・安心な『清流の国ぎふ』づくり」に向け、新たな気持ちでスタートしました。

初点検の状況

 

各務原警察署長による新年ごあいさつ

 中部ケーブルネットワーク株式会社各務原局の収録により、各務原警察署長が新春のごあいさつをさせていただきました。ぜひ、ご覧ください。

○放映時間:コミュニティチャンネル(地上デジタル121ch)

 1月4日(木)19:00から。1月5日(金)6:00から、16:30から、19:30から。1月6日(土)6:30から、10:30から。1月7日(日)16:30から、19:30から。

 

小学校2年生・保育園児による交番及び駐在所訪問

 11月15日に川島小学校2年生(34名)による川島駐在所への訪問、同月21日には鵜沼中保育所年長児(25名)による鵜沼交番への訪問、同月29日には那加第二小学校2年生(11名)による那加交番への訪問がありました。子どもたちは熱心に署員の話に耳をかたむけ、警察官の装備品や無線機、仕事の内容などを学ぶことができました。笑顔でパトカーや署員と記念撮影もしました。最後には、全員が「知らない人にはついていきません。車に気をつけて道路を渡ります。」と、元気いっぱいに誓ってくれました。

川島駐在所訪問.鵜沼交番訪問.那加交番訪問

 

全国警察拳銃射撃競技大会で第2位(11月17日)

 当署地域課の上田巡査部長が、平成29年度の全国警察拳銃射撃競技大会に岐阜県警察団体チームの選手として出場しました。県警チームは惜しくも僅差で優勝を逃しましたが、上田巡査部長は訓練の成果を精一杯発揮して第2位の栄誉に輝くことができました。

全国警察拳銃射撃競技大会第2位受賞

 

各務原警察署ふれあい広場の開設

 当署は、「2017年度東海祭」(10月29日東海学院大学主催)、「第12回学びの森フェスティバル」(11月3日中部学院大学短期大学部主催)の各学園祭会場、「2017かかみがはら産業・農業祭」(11月11日各務原商工会議所主催)の会場において警察ふれあいブースを開設しました。パトカーやミニ白バイを展示、記念手形コーナーを設けたところ、子ども制服と制帽を身につけた子どもさんたちは満面の笑みでピースしながら記念撮影をしていました。台風の影響を受けた日もありましたが、大勢の方に立ち寄っていただけ、交通事故防止、振り込め詐欺被害防止や声掛け被害防止、テロ防止、地震発生の準備、交通事故被害者及び犯罪被害者等への支援活動など呼びかけました。

2017年度東海祭の様子第12回学びの森フェスティバルの様子2017かかみがはら産業・農業祭の様子

 

県下若手警察官柔道個人試合で第3位(10月2日)

先月行われた県下若手警察官柔道個人試合において、当署地域課の高木巡査長が第3位に輝きました。日ごろの訓練の賜物であり、本人も「各務原市の安全・安心の実現に尽力したい。」とはりきっていました。

高木巡査長

 

各務原警察署安全・安心フェアの開催(9月26日)

 若手署員により、アピタ各務原店において、自転車商組合、岐阜県自動車振興会、岐阜乗合自動車株式会社の方に協力していただき、各務原警察署安全・安心フェアを開催しました。機動隊の災害用特殊車両「ウニモグ、メガクルーザー」やパトカー、エアテント、こどもけいさつ絵画コンクール受賞作品、災害救助活動パネル、ラッピングバスなどの展示、自転車や自家用車の無料点検、手形コーナーの開設、交通事故防止及び振り込め詐欺被害防止など呼びかけを行いました。大勢の来店客の方や近隣の方に立ち寄っていただけて大盛況でした。

災害用特殊車両.パトカー・エアテント・ラッピングバス.自転車シミュレーター

 

中部管区警察拳銃射撃競技大会で準優勝(9月13日)

 当署地域課の上田巡査部長が岐阜県警察団体チームの選手として、平成29年度中部管区警察拳銃射撃競技大会に出場しました。当県警チームは惜しくも優勝を逃しましたが、当署員も精一杯の力を発揮して準優勝に貢献することができました。

団体準優勝を受賞

 

各務原市福祉フェスティバルにて警察ふれあい広場開設(9月3日)

 各務原市福祉フェスティバルの会場で、各務原地区交通安全協会役員と協力し、警察ふれあい広場を開設しました。ミニ白バイとパトカーを展示、手形コーナーの設置、交通安全協会役員のススキの葉を利用した実演手作りによるバッタ細工や竹とんぼの配布などを実施し、交通事故防止及び振り込め詐欺被害防止を呼びかけました。赤ちゃんや幼児、小学生の子どもさん連れの家族が、満面の笑顔でミニ白バイにまたがったり、パトカーの前で敬礼をしたりして記念撮影をするなど大勢の方が立寄られ大盛況でした。

ふれあい広場の様子

 

こどもけいさつ絵画コンクール表彰伝達式(8月28日)

 平成29年度こどもけいさつ絵画コンクールで受賞した各務原市内の小学4年生児童12人を当署に招いて表彰伝達式を行いました。受賞者は警察官の制服をまとい、少し照れながらも家族の前で大きな返事をし、笑顔で表彰状を受け取っていました。指紋鑑識を体験し、白バイやパトカー、ミニ白バイ、県警マスコット「らぴぃ」とふれあい、「おまわりさんになりたい。」などの声もあがり、最後には全員が「事件や事故にあわないように気をつけます。」と元気に誓ってくれました。

表彰伝達式の状況

 

「ひまわりの絆inぎふ」の願い開花(8月25日)

 当署の出入口玄関の東側にひまわりの鉢植えを設置し、命の大切さ、交通死亡事故根絶の願いを込めて「ひまわりの絆inぎふプロジェクト」を推進したところ、盛夏を迎えて花を咲かせることができました。今後も各務原市の安心・安全の実現のため、警察へのご理解、ご協力をお願いします。

開花したひまわりの状況

 

県下拳銃射撃競技大会優勝(6月29日)

 平成29年度岐阜県警察拳銃射撃大会が岐阜県警察学校で開催され、当署が団体優勝を飾りました。署員の士気も一段と上がり、今後も一丸となって各務原市の安全・安心のため尽力していきます。

団体優勝

 

小学校2校による鵜沼交番見学

 施設見学授業で、6月13日に鵜沼第一小学校4年生92名と、6月26日に八木山小学校4年生55名が鵜沼交番見学に来てくれました。警察官の装備品や無線機などの話に耳をかたむけ熱心にメモを取りながら交番員の仕事を学び、パトカーの乗車体験もしました。見学の最後に全員が「声掛けや連れ去りに気をつけます。交通事故にあわないようにします。」と元気に誓ってくれました。

見学状況 質問説明の様子

 

署長感謝状の贈呈(6月12日)

 傷害事件の検挙に貢献された各務原市の委託職員2名(櫻谷様、浅野様)に対して署長感謝状を贈りました。4月2日に各務原市鵜沼地内の「うぬまの森」で発生した来園者に対する傷害事件を受けて、両名は、園内のパトロールや来園者に対する注意喚起、当署に対する情報提供を迅速的確に行うなど、男性被疑者の検挙に貢献されました。

 

 

中央小学校2年生の警察署見学(6月8日)

 中央小学校2年生(36名)が、生活科『町たんけん』施設見学授業で警察署見学に来てくれました。警察官の装着品、パトカーや無線機などについて説明するとメモをとりながら熱心に聞き、交番、刑事課、交通課などの仕事を学ぶことができました。最後には全員が「声掛けや連れ去りに注意します。交通ルールを守ります。」と元気に誓ってくれました。

警察署見学の状況

 

川島小学校で駐在所員による授業(5月30日)

 川島小学校4年生の授業に川島駐在所長が講師として招かれました。警察官の装備品、パトカーや白バイを展示し、交番や駐在所での仕事など説明したところ、児童は目を輝かせながら熱心に聞き入り、警察の仕事を学ぶことができました。

授業の状況

 

ひまわりの絆inぎふプロジェクトの推進(5月25日)

命の大切さ、交通死亡事故根絶の願いを込めた「ひまわりの絆inぎふプロジェクト」として、当署出入口玄関にひまわりの鉢植えを設置しました。各務原市の安全安心を具現化させるとともに、盛夏には大輪の花を咲かせます。

ひまわりの鉢植え

見に来てくださいね。