ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

「署長室からのメッセージ」~『安全・安心ないびの街づくり』を目指して~

暑かった夏も終わり心地よい季節となりました

 台風シーズンもようやく過ぎ、朝夕ひんやりとして風が心地よい季節となりました。

10月は「スポーツの秋」「食欲の秋」「読書の秋」等・・、冬到来前にいろいろやって

みたいことが沢山頭に浮かびます。

 私の場合は、桂川沿いを散歩したり、自転車に乗って管内をサイクリングしている時に

顔見知りの方とお話して冗談を飛ばしながら『心のリフレッシュ』を図っています。

 

 出発式の様子署行事は、9月「秋の全国交通安全運動」期間中、諸活動を実施しました。

今後、10月には揖斐地区防犯協会と連携して「全国地域安全運動(10/11~20)」

を10日間実施します。

 また、スポーツの秋を象徴するイベント『11月12日「いびがわマラソン」』の開催が

予定されており、警備体制を敷いて交通規制を行います。

 

 様々な場面において、管内住民皆様のご協力を頂くことになりますが、どうぞよろしくお願い致します。

 

揖斐警察署の歴史

 揖斐警察署の歴史を少し紹介します。

 まず、署長室に入りますと、左手に歴代署長名のプレートがあり、

100代目に私の名前が・・・、ナント私でちょうど100代目!大変光栄に思っております。

 揖斐署の沿革についてかんたんに紐解きますと、廃藩置県後、

 ・明治6年11月、大野郡三輪村(現在の揖斐川町)に岐阜県の「第16番取締局」として発足

 ・明治19年「三輪警察署」

 ・明治22年8月14日「揖斐警察署」

名称が『揖斐警察署』になって百二十数年。ルーツを知って一層、大変感慨深いものがあります。

 

今年も来署

 昨年に引き続き今年も『揖斐特別支援学校』の生徒さんが描いた絵画をお借りし

署長室に飾らせて頂いております。

 今年の作品は「アザラシ」「蝶」「タマムシ」の3点です。

 アザラシの表情、蝶やタマムシの独特な色使い等、大変すばらしく心揺さぶられる作品です。

署長室を訪れた方々にご紹介させて頂いてます。

青い花作品の紹介

あざらし マイクロバッタの貼り絵 ヘビーカミキリムシ
不思議な模様のアザラシ

マイクロバッタ

ヘビーカミキリムシ

高等部3年

高木美希さん

中学部3年

竹中智宏さん

中学部3年

近藤颯人さん

 

最後に・・・

 最近、署に要保護家庭の相談が多く寄せられます。相談の様子

 相談のキーワードは「高齢者」「独居」「認知症」「心の病」の4つ。

大変悩みぬかれた後に寄せられるものです。誰もが家庭の恥かき話は見せたくないもの、表面に出てこないことが多いものです。

 そんな時は、「隣との垣根を少し低くすること(悩み事を外に話す等)」で誰かが力を貸してくれるかもしれません。

 『勇気を出して相談してみませんか?』解決の糸口を発見できるかもしれません

 

 新任警察官訓練の様子追伸:秋の人事異動で新任男性警察官2名が配置されました。

 新進気鋭のやる気みなぎる若手警察官です。まだまだ駆け出しですが、皆様、温かい目でのご支援をお願い致します。

 

内藤署長(291002)

 

 

 

 

 

 

 

平成29年10月2日内藤典夫

 

 

くり&かき くり&かき2くり&かき3

 

新年度スタート

 4月、桜の季節が過ぎ、風薫る5月を迎えました。

 管内にお住まいの皆様には、平素は揖斐警察署の活動にご支援ご協力を賜りまして心から御礼申し上げます。

 さて、新緑の香りを感じながら毎朝、桂川沿いを少しだけ遠回りして出勤しますと、

地元高校生の皆さんからの「おはようございます!」と元気な挨拶が今日一日、爽やかな

気分にさせてくれます。

 

内藤署長(H29.4) 私もこの地で2年目を迎えることができ、大変うれしく思っているところであります。

 揖斐警察署におきましては、この春の人事異動で次長以下約20名の職員が入れ替わりました。

新しく入ってきた職員と何処かでお話しする機会があるかと思います。

その際は何卒、よろしくお願い致します。

 また、本年度初めて女性警察官(2名)が勤務することとなりました。

女性ならではの視点で活動を進めていきたいと考えております。

 

 

近況報告

 先日行われました「いびまつり」の雑踏警備活動では、大きなトラブルも無く無事に終了し、雑踏警備の様子

安堵するとともに、五輌のやまが勢ぞろいした様子や「子ども歌舞伎」を拝見し、改めて

『伝承される文化』の大切さを痛感いたしました。

 本年度も郡内3町其々で、花火大会や各種祭礼、マラソン大会等の開催が予定されています。

こういった行事等の安全安心を守るため、事前の打ち合わせ等、ご協力をよろしくお願い

致します。

 犯罪情勢につきましては、電子マネー被害の新たな手口の特殊詐欺事件が横行、ストーカー・DV

事案等の相談も頻発しており、その都度、最善の対応を執っているつもりですが全て思った

とおりに進まないことも実情です。皆様の自主防犯対策もお願い致します。

 

 警察活動には、皆様の様々な視点からの意見・要望が署の発展に繋がります。

 今後とも、出来る限り要望に応え地域に密着した警察署を目指していきたいと考えております。

署員一同、本年度も引き続きよろしくお願い致します。

 

追伸:

賞状掲示 遅ればせながら・・・・

 今年2月23日(木)に開催されました『岐阜県警察逮捕術大会』の結果でありますが、

Cグループ(小規模署の部)で見事、準優勝に輝きました。

 出場警察官の平均年齢は40歳を超えておりましたが、経験と気概で勝ち抜きました。

 署の玄関横の窓口カウンターに「賞状」を飾っております。

 署にお越しの際は、是非、ご覧ください。

 

 

 

 

 

今年も1ヶ月が過ぎ・・2月に入りました

 寒さもひとしお、朝起きてなかなか布団から出られない日が続くこの頃です。

それでも署員一同、「制服に袖を通せは気分も一新!」気概を持って職務に精励しております。

 現在、揖斐警察署では、2月23日(木)に予定されている『岐阜県警察逮捕術大会』に向けた

訓練を実施中で、若手を中心に汗を掻いております。

 『逮捕術』は、犯人を逮捕する警察官にとって必須の武道(術科)と言えます。

私も訓練を通じて心身を鍛えるべく、署員に対し「ゲキ」を飛ばしているところです。

 逮捕術訓練の様子

 

 さて、年末年始から最近の管内情勢についてご紹介いたします。

 

(1)平成28年中の犯罪情勢と交通事故情勢について

 

年間の発生状況は、以下のとおりです。

岐阜県内 揖斐警察管内 備考(全国数、主な特徴等)

刑法犯の発生

(認知件数)

15,607件

前年比-14.1%

337件

前年比-21.3%

全国の認知件数→996,204件

全国、県、署管内減少傾向

重要犯罪(殺人・強盗・放火)等の

発生(認知件数)

126件

前年比-14.9%

3件

前年比-50%

全国の認知件数→11,547件

当署管内→放火が2件発生

特殊詐欺の発生

 発生件数

 被害額(円)

 

211件

422,238,409円

前年比-約5億6千万円

6件

19,121,220円

前年比-約2900万円

岐阜県内、被害額大きく減少

揖斐署管内は、件数は変わらないものの被害額が

大きく減少

交通事故死者数

 

 人身事故件数

90人

前年比-16人

6,646件

前年比-754件

2人

前年比+2人

148件

前年比+3件

全国の死者数3,904人

前年比-213人

揖斐署管内は出会い頭による人身事故の発生が多い

 

 

(2)特殊詐欺の特徴について

 岐阜県では『全件通報制度』(金融機関の窓口等において多額の払い出し事案があった場合に警察に通報する制度)

を実施している甲斐があってか、被害額が大幅に減少しました。

 しかし、ここに来て金融機関の窓口を使わないATMで振り込ませる手口の被害が多くなりました。

 また、新たな手口として、コンビニなどで売っている多額の電子マネー(スマホ等で決裁できるカード)を購入させて現金を

騙し取る犯行が発生しています。

 注意してください。

 銀行窓口で注意を呼びかけ

 

 

 

 

 

 

 

 

(3)ご高齢の方の体調管理について

 毎年この時期(冬期)は、ご高齢の方が体調を崩されて不幸にしてご自宅で亡くなられる

事案が多く発生します。

 特にこの年末年始には、ご入浴中にお亡くなりになられた事案(ヒートショックと言うのでしょうか?)

が多く発生しました。ご家族も含めて是非とも注意して欲しいと思います。

 

家族の健康・笑顔が一番

(4)認知症を学び高齢者を地域で支えよう

 最近、当署管内では、認知症を患ったご高齢の方の行方不明や徘徊する等の事案が目立っています。

 それも早朝、深夜にご自宅から薄着のままで居なくなることが多く、深夜、真っ暗な路上で通行中の一般

ドライバーに発見されたり、また、捜索中の警察官が発見したりしています。こうした事案は、事件事故に発展

する可能性も高く、何よりもご家族の気持ちを考えると心配が絶えず、発生の際には署員を挙げて早期の保

護・救助に努めています。

 また、認知症の方特有の交通事故も散見されます。

運転免許証の自主返納制度もありますので、警察までお問い合わせください。

 現在、警察署では全署員が『認知症サポーター講座』を受講する等して、認知症の方への対応についての充実強化

を図っています。

 皆さんも認知症に対する理解を深めるとともに、ご近所づきあい等による地域の連携や地域包括支援センター等

の行政機関等を通じて認知症の方を地域全体で支えましょう。

 

巡回連絡 実演指導の様子認知症講座受講の様子

 

(5)『鬼は外福は内』

 今月は旧暦では一年の始まりの月です。

 署員一同、皆さんの生活に鬼(犯罪)が入り込まないよう精一杯頑張ります。

どうかご支援、ご協力をよろしくお願いします。

 

 谷汲山華厳寺にて豆まきに参加

 

半年が経過して・・

 オリンピックも終わり、9月に入っても暑い日が続いておりますが、夏バテは大丈夫でしょうか?

署員の中にも若干夏バテ気味の者もおりますが・・・

仕事の就く時には気持ちを切り替えて頑張っております。

 

最近の管内の犯罪や交通事故情勢についてご紹介いたします。

赤◆犯罪情勢

うまい話に騙されないで 県下的に減少傾向を示す中、当署管内も8月末において

 『刑法犯認知件数202件、前年同月比-94件』

と減少傾向を示しています。

 また、特殊詐欺につきましても、本年2月以降、1件の発生に留まっております。

 これもひとえに、全件通報をはじめとした金融機関や地元の方々のご協力の賜物と心より感謝しております。ありがとう

 

 

青◆交通情勢

 交通死亡事故に関しては、残念ながら7月末に大野町地内で発生いたしました。

これは、小型農業車両を運転中に横転して、運転者の方がお亡くなりになられた事故です。

かえるぴょん交通事故発生状況9月6日現在(暫定値) 

 ◇人身交通事故97件、昨年同期比±0件

 ◆交通事故死者1名、昨年同期比+1件

 

 人身事故の特徴は、相変わらず『交差点での出会頭の衝突事故』が多く発生しております。

人身事故統計数値(7月末)から調べてみたところ、車両相互の出会い頭事故の件数は

出会い頭事故 ◇岐阜県下総件数3,744件中、1,026件、約27%の割合

であったのですが、

 ◇揖斐警察署管内総件数84件中、44件、約52%の割合

で『県下割合の約2倍』となっています。

 揖斐署管内では、『人身事故の半分以上が出会い頭事故』であります。

 引き続きご注意をお願いします。

 

絵画のご紹介

 現在、署長室に借り受けた絵画3点を飾らせて頂いております。

 これは、揖斐特別支援学校の生徒さんが描かれたもので、当署員が防犯活動で学校を訪問した際に、

体育館に至る廊下に飾られていた絵画に心を奪われ、

 『是非とも署内に飾りたい!』

との意向がございまして、学校を通じてご父兄様、生徒さんにご無理を言って借り受け、署長室に飾らせて頂いているものです。

 3点とも、心を揺さぶられるような良い作品だと思います。

青い花作品の紹介

ハンターホオジロザメ出動 私の感じたモナリザ 僕の感じたピカソ・泣く女
ハンターホオジロザメ出動 私の感じたモナリザ 僕の感じたピカソ・泣く女

高等部3年

藤野りえさん

中学部3年

若宮愛佳さん

中学部3年

坪井佑樹さん

 

 これらの絵画については、署長室を訪れた方にご紹介をさせて頂いております。

 

あかい星終わりに・・・

 各学校も夏休みを過ぎて、生徒さんも新しい気持ちで学校に登校していることと思います。

 署員一同も新しい気持ちで、犯罪や交通事故の防止活動等に頑張って行きますので

是非とも皆様の激励をよろしくお願い致します。

 

 絵画が飾られた署長室の様子

 平成28年9月内藤典夫

 

着任のごあいさつ

警察官印象と意欲

 3月11日付けで揖斐警察署へ着任しました内藤でございます。

 異動が決まってから、揖斐署勤務経験のあるOBの方々から「揖斐署は大変いい所だ!」と連絡を頂きました。

 着任して約1か月が過ぎようとしていますが、住民の皆様は警察活動に対して大変協力的で、かつ、人柄も優

しく、大変働きやすい所だと実感しております。

 

 管内の犯罪に対しては、人身安全関連事案や特殊詐欺等の防止のほか、管内区域の約9割を山林が占めている

ことから、特に災害発生時の対応に適切に配意したいと考えております。

 

 山岳遭難詐欺に注意

青いはな自己紹介

 内藤署長

 内藤典夫(ないとうのりお)

 赤いしかく経歴

 昭和57年4月岐阜県警察官を拝命

 刑事・生活安全部門のほか、駐在所勤務・管理部門等幅広い勤務経験から

 『バランスの良い組織運営に努めたい』

 と考えている。

 前任地は、警察本部捜査三課で窃盗犯捜査に従事し、印象に残っている事件は

 「愛知県境を跨ぐ空き巣等の犯罪捜査」

 

 青いしかく心構え等

 『署員も含め住民の方々と連携を密にして、団結して責任を全うしていきたい。』

 みどりのしかく趣味など

 ウォーキング・野球

青いライン

平成28年揖斐警察署の活動重点について

 

 伊藤署長

 揖斐郡内にお住まいの皆様には、日頃から揖斐警察署の諸活動へのご支援ご協力を賜り、

心より御礼申し上げます。

 さて、平成27年中の犯罪情勢は、

 ●刑法犯認知件数428件(前年比-111件、-20.6%)

と減少しました。

 また、平成27年中の交通事故情勢は、

 ●人身事故件数145件(前年比-33件、-18.5%)

 ●死者数0人(前年比-3人、-100%)

シートベルOK ●負傷者数194件(前年比-53人、-21.5%)

 といづれも減少し、交通事故統計の残る昭和36年以来初めて、「年間交通死者“ゼロ”」となりま

 した。

 これも、平素から皆様のご理解と御協力のおかげによるものと考えております。

 しかしながら、管内では、空き巣、乗り物盗、車上狙い被害のほか、振り込め詐欺などの特

 殊被害が高止まりとなっております。

 また、昨年の人身事故件数の54%にあたる79件が交差点における出会い頭事故となっており、

 これらの犯罪や交通事故の抑止が今後の課題となっております。

動くらぴぃ

 このような情勢の下、本年の揖斐警察署重点目標を住民と挨拶を交わすおまわりさん

 「安全・安心な『“いび”の街』づくり」

 と掲げ、皆様の期待と信頼に応える強い警察を目指して、

 ◆地域住民の期待と信頼に応える警察の確立

 ◆犯罪の起きにくい社会づくりの推進

 ◆悪質重要犯罪の検挙と組織犯罪対策の強化

 ◆街頭活動・初動警察活動の強化

 ◆安全かつ快適な交通の確立

 ◆テロ、災害等に備えた対策の強化

 ◆警察活動基盤の充実強化

 を活動重点として、署員一丸となって治安の維持に取り組んでまいりますので、

 今後とも皆様のご理解と御協力をお願い申し上げます。

 

 木々の雪化粧

新年のごあいさつ(平成28年1月4日)

 新年のあいさつ伊藤署長

 揖斐郡にお住まいの皆様、新年あけましておめでとうございます。

 皆様には、ご家族とともに穏やかな新年を迎えられたこととお慶び申し上げます。

 当署では、大晦日の夜から正月三が日にかけまして、谷汲山華厳寺の雑踏警備のほか、24時間体制の警戒や110番などの事案対応により、

毎年、慌ただしい年始でありますが、お陰様で凶悪事件や重大交通事故の発生もなく、おおむね平穏に新年を迎えられて安堵しているところ

でございます。

 さて、昨年は犯罪や交通事故の抑止対策としまして、窃盗事件の検挙活動や特殊詐欺被害防止活動に取り組み、犯罪発生件数を前年に比較

して減少させ、また、交通違反取締や広報啓発活動により、交通事故は減少傾向を示し、管内で初となります揖斐郡内の交通死者「一年間ゼ

ロ」を達成するなどの成果を収めたところであります。

 これもひとえに、地域住民の皆様の地域安全・交通安全意識の高揚と地域と連携した諸活動の賜物だと感謝しております。

 

 カメラ各種活動の様子

 フォトホタル防犯指導の様子強盗訓練の様子

 

 しかしながら、全国的に見ますと、特異重大な事件・事故が相次いで発生しており、管内では犯罪や交通事故が減少したとはいえ、地域住

民の皆様に「安全・安心」を感じていただけるまでには、私どもの今後の努力が必要と考えております。

 

 本年も警察を取り巻く諸事情は、楽観を許されない状況でありますが、治安を任されている警察としましては、踏ん張りどころであると考

え、本年も引き続き、凶悪事件を始め悪質な特殊詐欺事件の抑止と併せて、車上ねらいや自転車などの乗り物盗などの窃盗抑止活動を強化い

たします。

 また、管内の交通事故は減少しておりますが、交差点において多発しております出会い頭事故を抑止のため、取締り強化と関係機関・団体

とともに積極的な広報活動を推進いたします。

 こうした活動を挙署一体となって取組み、地域の皆様が“安心と安全を体感できるまちづくり”に努めて参りますので、ご支援・ご協力くだ

さいますようお願い申し上げます。

 

 最後になりましたが、揖斐郡三町の益々のご発展と皆様のご健康ご多幸を祈念いたしまして新年のごあいさつとさせていただきます。

 

紫の点線1むらさきの点線2

ごあいさつ

 揖斐警察署長の伊藤でございます。揖斐警察署長

 揖斐郡三町の皆様には、日頃から揖斐警察署の諸活動へのご理解とご協力を賜り、誠にありがとうございます。

 また、10月11日(日)に皇太子殿下のご臨席を賜り、管内におきまして開催されました

第39回全国育樹祭第39回全国育樹祭」を盛会のうちに無事終えることができました。これもひとえに関係各位のご尽力と住民の皆様のご協力の賜物でございます。

 昨年3月に着任いたしまして、1年8か月が経過し、日頃からできる限り管内を自分の足で見るようにした成果か、地域にも慣れ、地域の方々と接するたびに、その暖かさと親切さに触れて、この地域は大変住みやすい良い地域であると感じております。

 しかしながら、さまざまな事件や事故が日々発生しており、それを目の当たりにすると、地域の安全と安心を守るために育樹祭を終えた今、署員一丸となった更なる取組が必要であると気持ちを引き締めているところです。

犯罪情勢

 今年10月末までの犯罪情勢をみてみますと、刑法犯の認知件数は370件で昨年の同時期と比べますと78件減少となっておりますが忍び込み、空き巣、乗り物

 盗、車上狙い被害が多発しております。ご自身の大切な持ち物を守るために、鍵かけの励行をお願い致します。

 また、振り込め詐欺等の特殊詐欺被害が止まりません。6件発生し、被害額は約4,820万円になります。お年寄りを

 狙って、家族を騙ったり、警察官や弁護士などを騙って巧みな電話をしてくる「オレオレ詐欺」の当たり電話が後を絶ちま

 せん。「お金が急に必要になったので振り込んでほしい。」とか「宅配便やゆうパックでお金を送ってほしい。」などの電

 話があったら詐欺を疑ってください。お金を振り込む前に必ず家族に確認して頂くとともに警察へ相談して頂くか、留守番

 電話を活用してすぐ電話に出ないのも被害防止の一つ訪問販売です。

 このような被害を防ぐために当署では、県下に先駆けて金融機関における高額引出しの全件通報を管内の金融機関に要請しております。警察官がその通報に応じて、当該金融機関に赴き事情をお聞きする場合があります。

 ご理解とご協力をお願い致します。ストップ!

 

 

交通情勢

 今年10月末までの交通事故発生状況をみますと、人身交通事故の発生件数、死者数、負傷者数とも減少しております。

特に昨年9月以降、交通死者数ゼロを継続しており、年間死者数ゼロを目指して、交通安全教育、交通指導取締りの強化を図っているところです。

 揖斐郡三町それぞれの事故特徴を踏まえて

 あお色しかく揖斐川町では「高齢者交通安全大学校を開校した高齢者に対する交通安全対策」交通事故防止

 あか色しかく大野町では「交通安全モデル町に指定した交差点抑止対策」

 きい色しかく池田町では「自転車セーフティタウンに指定した自転車利用」

を推進しているところです。

 しかしながら、今年の人身事故115件中、65件、率にして56.5%が交差点における出会い頭事故となっており

ます。特に交差点では、十分な安全確認をお願いします。交通事故防止7つのS

 また、当署で昨年から皆様に広報しております

「交通事故防止のための7つのS(スピード・シグナル・ストップ・スロー・シートベルト)」を交通事故防止のポイントとして、安全運転を実践してください。

 

最後に・・・

 地域の方々の目線に立って様々な取組を行い、私が着任時からの思いである

「警察署は安全安心を売るスーパーマーケットで、駐在所はコンビニエンスストア。誰でも気軽に来ていただける警察署」となるよう頑張ります。

 皆様の変わらぬご支援をどうかよろしくお願い申し上げます。

 揖斐警察署

 伊藤善弘