ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

長良川における水上オートバイの通航規制

 市内を流れる長良川は、これからの季節、水遊び、キャンプ、バーベキューなど様々な形で利用されますが、これらの利用者と水上オートバイとの近接、混在が見られる危険な区域があります。水難事故にあわないよう十分注意してください。

 

河川法による水上オートバイ通航規制

【区域】千鳥橋上流端から下流300m

【期間】5月1日から10月31日まで終日

【規制内容】

 1長良川右岸側(北側)を通航禁止する。

 (この区域の通航は原則禁止となります。)

 2長良川左岸側(南側)20m幅は通航方法制限区域とする。

 (この区域内は減速して通航しなければなりません。また、蛇行、回転等の不規則な通航は禁止です。)

自主規制による水上オートバイ通航規制

 年間を通じて下記の区間について自主規制を行っています。

 3長良橋から鵜飼い大橋まで

 (年間を通じて終日通航禁止)

 4長良橋から藍川橋までの上記1、2、3以外の区間

 (年間を通じて、午後5時から翌日の午前11まで通航禁止)

 

 

※詳しくは木曽川上流河川敷事務所、岐阜県河川課又は岐阜中警察署までお問い合わせください。

 

kakinosuinannjiokobousi