ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

平成29年度第3回岐阜南警察署協議会

平成29年度第3回警察署協議会 協議会視察の様子

1開催日時

 平成29年12月14日

 午後3時00分から午後5時00分

2開催場所

 岐阜南警察署5階大会議室

3出席者

 岐阜南警察署協議会委員6名

 岐阜南警察署長以下11名

4議事内容

(1)開会

(2)現場視察

 ・視察場所:岐阜市六条江東2丁目交差点(信号機運用改良箇所)

 ・視察内容:歩車分離信号設置による事故防止対策状況

(3)警察署協議会代表者会議結果報告

(4)管内の交通事故概況及び安全対策についての説明

(5)現場視察に伴う質疑等

質問 回答

信号機を歩車分離式にした場合のデメリットはありますか。

デメリットは、交通の円滑化への影響は多少ありますが、交通事故防止に繋がる措置でありますので、ご理解をお願いします。

(6)年末年始警戒活動への取り組み説明

(7)質疑応答

質問

回答

年末年始に起こる犯罪はどんなものがありますか。

また、普段から何を気を付けた方がよいですか。

年末は、財産犯の被害が多発します。

犯罪者は、年を越す前にお金を準備することから、年末は特に侵入盗、ひったくりや強盗などの犯罪が多発し、私たち警察では特別警戒によるパトロールや防犯パトロール団体(青パト)との連携したパトロールにより犯罪被害防止に努めています。

また、犯罪を防ぐためには、警察だけでなく市民の方による警戒の目や、不審者などに対する注意が大切であります。

主要道路が渋滞している際、渋滞を避けるために裏道を走りますと、荷卸しの車両などが多くて困ることがあります。

一本裏に入った生活道路の規制や警告などをお願いできないでしょうか。

当署でも警ら等により把握しており、その都度対応しています。

今後も道路状況、地域の交通環境を把握し必要な箇所へのパトロールや取締り等を強化し対応していきます。