ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

秋の全国交通安全運動

もみじ

 

平成29年9月21日(木)から9月30日(土)

秋の全国交通安全運動表 秋の全国交通安全運動裏

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

運動の重点1 子供と高齢者の安全な通行の確保と高齢運転者の交通事故防止

 子供と高齢者の行動特性を理解して、『思いやり運転』に心掛けましょう。事故防止

●子供の行動特性

 身体・判断力・視野が未熟なため「何かの物事に夢中になると他のものが見えなくなる」

「他の子供の真似をする」「距離の判断が未成熟」と言われています。

●高齢者の行動特性

 加齢等に伴う身体機能の変化により「様々な情報を収集し、対応する事が苦手になる」

「過去の経験にとらわれる傾向がある」と言われています。

また、70歳以上の運転者は、高齢運転者標識(高齢者マーク)を表示しましょう。

 

 

 

運動の重点2 夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車乗用中の交通事故防止

●「魔の時間帯(午後4時から午後8時)」における交通事故が増加する傾向にあります

魔の時間帯時計

 

 

日没時間の急激な早まりとともに、秋口から死亡事故が増加!

(特に歩行中・自転車乗用中の被害が激増!)

 

「魔の時間帯」が最も危険!

(10月から12月は、死亡事故の約4割が「魔の時間帯」に集中!

 

 

 

 

 

 

夜間の事故防止 笑顔で「ハ、ハ、ハ」運動

ハハハ運動ライトオン 

 

 矢印早・・・早めのライト・オン!

 

 

 矢印ハ・・・ハイビームが基本!

 

 

 矢印反・・・反射材の装着!反射材

 

 ●運転手は

 日没30分前を目安に早めの前照灯(ライト)点灯!

 先行車・対向車等がいない場合のハイビーム(走行用前照灯)の使用!

 

 ●歩行者・自転車利用者は

 明るく目立つ色の服装や反射材用品を身に着けて、運転者に自身の存在を

 知らせましょう!

 

 

 

 

 

 

運動の重点3 全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底

●運転手は自らシートベルトを着用し、全同乗者のシートベルト・チャイルドシートの着用を確認!

 

正しい着用 正しい着用方法

 

 ・肩ベルトは肩の中心から胸の前に渡す

 ・ベルトがねじれていないか確認する

 ・背もたれは倒しすぎない

 ・腰ベルトは骨盤を巻くようにしてしっかり締める

 ・シートに深く腰掛ける

 ・バックルの金具を確実に差し込む

 

 

非着用の危険

 しるし車内で全身を強打する可能性

 しるし車外に放り出される可能性

 しるし前席の人が被害を受ける可能性

 

運動の重点4 飲酒運転の根絶

 飲酒運転をなくすための3つの約束の実践

 

飲酒運転はダメ 約束お酒を飲んだら運転しない(しない)ハンドルキーパー

 

 約束運転する人にはお酒を飲ませない(させない)

 

 約束お酒を飲んだ人には運転させない(許さない)

 

高齢者の皆さんへ交通事故から身を守るために

道路横断中の交通事故を防ぐための「3つの心得」

その横断歩道のある安全な場所で横断

横断歩道

 

 

 

 

 

 

 

 

その左右の安全を確かめてから横断

左右確認

 

 

 

 

 

 

 

 

その夜間・夕暮れ時は、反射材用品を利用

反射材

 

 

 

 

 

事故ゼロの日