ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

新たな架空請求詐欺の手口に注意

 県内では、電子マネーを悪用して被害者に支払いをさせる手口の架空請求が主流でしたが、コンビニの声掛けや高額な電子マネーの購入に対する通報などにより、水際での被害防止が増えたため、最近では、コンビニの収納代行サービス(コンビニ決済)を悪用する手口が散見されます。

 この手口は、詐欺犯人グループがオークションサイトに、ダミーの出品と高額での落札などの取引をして、コンビニ決済での支払い番号を入手します。その後、犯人グループは、はがき、メールなどに記載の連絡先に電話してきた被害者に、コンビニ決済の支払い番号を伝え、インターネット端末などを利用してコンビニ決済で支払わせ、入金を受けたオークションサイトの収納代行サービス業者を経由して、犯人グループにお金が支払われる悪質な手口です。

 身に覚えのない料金の請求など、不審なはがきやメールが届いたら、詐欺と疑い、まずは家族や警察に相談してください。