ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

ひまわりの絆プロジェクトin岐阜

 平成30年4月2日、プランターにひまわりの種を植えました。

 このひまわりの種は、命の大切さや交通死亡事故の根絶を伝える「ひまわりの絆プロジェクトin岐阜」として昨年、当署に配付されたものです。

 今夏も、ひまわりの大輪がみられるよう署員一同で育ててたいと思います。

はるとくんのひまわり

 平成23年11月5日京都府木津川市内で、東陽大くん(あずまはると)(当時4歳)が交通事故で亡くなりました。

 幼稚園で大切に育てたひまわりの種を、小さな手いっぱいに握りしめ自宅へ持ち帰ったはるとくん。

 母親と「来年一緒に育てようね。」と約束しました。が、その約束は果たされることはありませんでした。

 はるとくんの家族は、「息子の生きた証を残したい」と、翌年、はるとくんの誕生日である5月18日にひまわりの種を自宅へ植えたところ、大輪の花が咲きました。そのひまわりから採れた種は、京都府警の警察官へ、警察官から府警全警察署へ、府警から全国の警察署へと「はるくんのひまわり」はつながり、広がっているのです。

 

 

恵那警察署2年目の「はると君のひまわり」

2年目の「はると君のひまわり」の種をまきました。

昨年、恵那警察署で大輪を咲かせた「はると君のひまわり」の種を本年も、警察署のプランターへ蒔きました。

種まきから数日後には、見事な双葉が芽を出していました。

今年も、署員一同で大切に育てていきたいと思います。

 

 

はるとくんのひまわり7月17日 はるとくんのひまわり

平成30年7月17日(火)

 

7月初旬の豪雨にも耐えた「はるとくんのひまわり」は、たくさんの花を咲かせ始めました。

大輪とは言えない小ぶりの花達ですが、強風にも耐える頼もしい茎に支えられ、ギラギラと照りつける暑い太陽一直線に向いて花を咲かせています。

そんなひまわりから、私たちも「優しくても頼もしい(たくましい)おまわりさん」であるようにと言われている気がして、毎日英気をもらっています。

 

今は、全ての花が咲き揃う日が楽しみです。