ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

架空請求はがき送付事案の多発

 恵那市内において、9月にも同様の事案がありましたが、身に覚えのない料金を請求するハガキを送り付ける事案が多発しています。

 内容は、「総合消費料金に関する訴訟最終通告のお知らせ」と題したハガキで、

 ・運営会社から契約不履行による民事訴訟として訴状を提出されている。

 ・ご連絡なき場合、給与、不動産を差し押さえる。

等とあり、「民事訴訟管理センターお問合せ窓口」と問い合わせ先の電話番号が記載されています。

 

・身に覚えのない料金を請求するのは架空請求詐欺の手口です。

・不審なハガキやメールが届いた場合は詐欺を疑い、記載された番号に電話をする前に家族や警察に相談してください。